「手足口病」が流行中、各地で警報が!「突然の熱から手と足、おしりにブツブツが・・・」子どもから親にうつることも。予防策は?【小児科医】

「手足口病」が流行中、各地で警報が!「突然の熱から手と足、おしりにブツブツが・・・」子どもから親にうつることも。予防策は?【小児科医】

現在、全国的に「手足口病」が大流行しています。
突然熱が出たと思ったら、手と足にブツブツが・・・。小児科を受診したら、やっぱり手足口病と診断された、というような経験をしているケースが増えているのではないでしょうか。
連載「ママ小児科医さよこ先生の診療ノート」の7回目は、今流行している夏の感染症「手足口病」のホームケアのワンポイントや、受診のコツなどについてです。

発熱後に口や手足に、おしりにも!ブツブツができる手足口病。大人にうつることも

「手足口病」はその名のとおり、手・足・口に水疱(すいほう、ブツブツ)ができる感染症です。エンテロウイルスというウイルスが原因で、さまざまな型があるので、一生のうちに何度もかかることがあります。流行のピークは夏ですが、秋や冬にも流行することがあり、油断はできません。

どんなふうに症状が出て、進んでいくのか、そして保護者にうつることも多い手足口病について、よくある事例を想定してお伝えします。

「1歳の男の子、保育園から帰ったあとに自宅で発熱。次の日に手や足にブツブツが・・・。かかりつけ医を受診すると『手足口病』と診断されます。でも特別な薬はないし、脱水じゃないから、と様子を見るように言われて帰宅。その後熱は下がっても、ブツブツは治らないし、子どもがかきむしって、ますますボロボロになるばかり。おしりにもブツブツが出てきました。
口の中が痛いのか、何か食べさせようとしても、口も開けてくれない・・・。3日ほど、ほとんど食べることができません。
だんだん食べてくれるようになってきたかな・・・と思ったら、今度はママののどが痛くなり、手足にもブツブツが。熱はないけどだるいし、ブツブツは痛いし、でも子どもは元気になったから相手をしてやらないといけないし、もう最悪・・・」

そうなんです。子どもからもらったウイルスで、大人も手足口病を発症することがあります。子どものころの免疫が残っているか、などさまざまな要因によって、大人がどれくらい症状が出るかはケースバイケースです。子どもよりも高い熱が出たり、手足のブツブツが痛くて家事もままならなかったり、などの症状が出ることもあります。

手足口病にかかっても、ほとんどの子どもは数日で改善します。ごくまれに髄膜炎や脳炎などの報告はありますが、過剰に心配する必要はありません。

なお、手足口病にかかって数週間たったころ、手足のつめがはがれおちることがあります。特別な治療はなく、様子を見ていればまたつめは生えてきますが、忘れたころに生じるのでビックリすることも多いようです。つめがはがれ落ちることもあるんだ、と覚えておくと、心の準備になると思います

ブツブツは、おしりにも。初期はヘルパンギーナと間違われることも

「おしりにもブツブツが出てきたんですが、これも手足口病なんですか?(1歳)」

たしかにブツブツが目立つのは、手・足・口の中です。ただしウイルスの型によって、ブツブツが出やすい場所が異なります。具体的には、ひじやひざ、おしりにもブツブツが出ることがあります。なお発熱する子どももいますが、38度以下で、あまり長引かないことが多いです。

「この間受診したときはヘルパンギーナって言われたんですけど、その後体にもブツブツが出てきて・・・、これって手足口病ですか?(3歳)」

感染して間もないときは、口の中だけしかブツブツが見られず「ヘルパンギーナ」と診断されることもあります(ヘルパンギーナもウイルスの感染症ですが、手や足にはブツブツが出ません)。最初はヘルパンギーナと言われたけど、後から手足にブツブツが出てきた・・・、というのは、実は最初から手足口病だった可能性が高いです。

関連記事: