【体験談】夫が家事を「手伝う」から「当たり前」にする方法

【体験談】夫が家事を「手伝う」から「当たり前」にする方法

家事を手伝うのではなく、当たり前のように積極的に家事をする夫。食事の支度、洗濯まで何でもやってくれるので、私としては本当にありがたいです。
そんな生活のなかで、ひとつ気を付けているのは、やり方に不満があっても、そこは何も言わずに感謝の気持ちだけを伝えています。

「手伝う」というスタンス

そもそも、「イクメン」などという言葉自体、なんだそれ?と思いませんか。

パートや正社員、派遣社員などを含めると、出産後も仕事を続ける人が圧倒的に多くなっています。

共働きが当り前になっているのにも関わらず、家事をするのは女性ばかりでは、それこそ本末転倒です。

一緒に暮らしているのですから、手伝うのではなく、当り前のように食事の支度をして、洗濯物を取り込み、掃除をする。

そういう気持ちを2人とも持てたら、お互いにとても楽になるように思います。

「家事を手伝う夫」から「日常的に家事をする夫」になってもらうためには、女性側も「当然」から「感謝」に気持ちを変える必要があるかもしれません。

育児も家事も分担しないで、できるほうがやる

洗い物は夫、食事の支度は妻、なんて分担を決めるのは止めておきましょう。

妻の方が仕事から帰ってくるのが遅かったりすると分担どおりに事は運びません。基本は「できるほうができることをやる」のがベスト。

それほど料理が上手くない男性でも、最近はおいしいレトルト食品がたくさん発売されているので、何かしらの料理くらいは作れるはず。

「マーボー豆腐の素」とひき肉、豆腐さえあれば、十分おいしい中華が完成します。簡単に作れそうな食材をストックしておいて、夫がおかずを作れる準備だけしておきます。

仕事から疲れて帰ってきたときに、「夕飯、麻婆豆腐だけど食べる?」なんて言ってもらえたら、自然と「ありがとう~」という言葉が出てきます。

味がどうとか、油が飛び散ってキッチンがベタベタになっているとか、とりあえずは目をつぶること。

文句を言いたい気持ちはやまやまですが、私は「おいしい!また作って」と全面的に感謝することにしています。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方