【春の揺らぎ肌におすすめのコスメ4選】美容家・石井美保さんが教える、季節の変わり目の肌あれ・乾燥攻略法

【春の揺らぎ肌におすすめのコスメ4選】美容家・石井美保さんが教える、季節の変わり目の肌あれ・乾燥攻略法

ビューティ業界でも評判の美肌の持ち主、美容家・石井美保さんはそのスキンケアへのこだわりで、美容誌編集者やブランドPRからも一目置かれる存在。さまざまなアイテムを使いこなし、自らその効果的な塗り方やマッサージ方まで編み出すほど、美への強いこだわりを持っている。今回は冬から春への季節に起こりがちな、肌が不安定で敏感状態に傾いてしまう“揺らぎ肌”のケア方法や、注意するポイントを紹介。

Q.冬から春への季節はいつも、花粉や乾燥で肌あれに悩まされています。おすすめのケア方法を教えて

A.肌が過敏になりやすいこの時期は、洗顔やスキンケア時にこすらないように注意し、シンプルケアに徹して

摩擦や刺激から肌を守ることが何より大切。スキンケアをするときには“スタンプ塗り”がおすすめ

「私自身もよく春先に、肌あれや化粧ノリの悪さなど“揺らぎ肌”で悩んだ時期があったので、今は3つのポイントをとくに注意しています。

まず1つ目は肌をこすらないこと。とにかく肌自体が敏感に傾いているので、変な摩擦や余計な力で肌への刺激はやめましょう。

2つ目は、揺らぎ肌は肌自体のバリア機能が弱っている状態。しっかり化粧品などでバリアを作ってあげることが大切です。

3つ目は揺らぎ肌の時期は、ある意味肌が炎症を起こしているのと同じこと。そんな時はいろいろなアイテムを使うことや、“攻めのスキンケア”は一切お休みして、炎症を鎮めるためのシンプルケアに徹してください。

最近は、大気汚染やホルモンバランスの乱れなどの理由で、敏感肌かも…と感じている人がとても増えています。

そこで最近各メーカーは、炎症を抑えてくれる敏感肌用のシリーズやアイテムに力を入れています。揺らぎ肌で悩んでいる人は、そんな敏感肌用のコスメを選ぶのもおすすめです。カウンターで購入するときには、カンゾウエキスやグリチルリチン酸などの抗炎症成分が含まれているかどうか確認してみてください。

また肌への刺激を極力減らすためにも、スキンケアをするときに“スタンプ塗り”をおすすめします。これは手のひらでローションやクリームなどをじっくり温めて、ゆっくりやさしく肌にスタンプを押すように浸透させていくやり方です。とにかく揺らいでいる肌に摩擦は厳禁なので、指で延ばして余計な力で強く塗らないようにしてみてください」

つらい揺らぎ肌の時期に、石井さんが頼りにしているという優秀コスメを4つご紹介。

関連記事:

ピックアップ

楽園のような幻の浜を映す。サンゴ釉の美しい器/鹿児島県・与論町「ゆんぬ・あーどぅる焼」
おいしくSDGs!人や地球にやさしい、東京のヴィーガンレストラン8選!ベジタリアン対応も【サステナブルチャレンジ】
年に1度のいちごフェスが今年も開催!ヒルトン東京のスイーツビュッフェ「ストロベリー・ブーケトス」
湘南でクラフトビールを造るブルーパブへ_MEETS SAKEBITO Vol.11