ファッションアドバイザー”YOKO FUCHIGAMI” 衣類スチーマーでシワを消し去る。

ファッションアドバイザー”YOKO FUCHIGAMI” 衣類スチーマーでシワを消し去る。

皆さんは洋服のシワを取りたい時って何を使っていますか?今回、パナソニックの大ヒット商品である衣類スチーマーが、バージョンアップしてさらに使いやすくなる!という情報を聞きつけ、ペニーも発表会に行ってきました。ゲストには大人気のトータル・ファッション・アドバイザーである”YOKO FUCHIGAMI”さんが登場。4月21日に発売する衣類スチーマーを実際に使って、驚きの声をあげてました♪

衣類スチーマーってアイロンとどう違うの??

今回はパナソニックの人気商品のひとつである、衣類スチーマーの発表会にお邪魔しました。
会場には30分前には到着したけれど、すでに多くの報道陣が集まっていてびっくり!
有名雑誌から、TV局まで様々なメディアの方が多数いました。
これまでも発表会を取材をさせていただいている僕、ペニーも少しメディアの方々の顔を覚えてきた。
いや、そんな僕の話はどーでもいい(笑)
話は脱線しましたが、もともと評判の良かったパナソニックの衣類スチーマーがバージョンアップしたと聞きつけ、期待に胸が高鳴ります♪

そもそも、衣類スチーマーってなんだろう?アイロンと何が違うの?と思われる方もいるかもしれません。
アイロンと大きく違う点は、ハンガーにかけたまま衣類のシワを伸ばすことができるところ。衣類スチーマーならアイロン台を用意したり、熱々のアイロンを片付けたりする必要がないんです。また、アイロンって、きれいに広げないとシワになったままかけてしまうことってありますよね?ハンガーにかけた状態でシワ伸ばしができる衣類スチーマーは、片手で衣類を伸ばしながら使うから、変なシワも発生しづらいんです。

衣類スチーマーって、みんな使ってるもの??

1988年から衣類スチーマーを販売してきたパナソニック。
昔の商品はヘッド(スチーム部分)が重たくて、シャツ1枚のシワを伸ばそうにも、なかなかの重労働だったそう。

それから改良を重ね、今の形になってからは売り上げが急上昇↑
アイロンほど手間をかけず、簡単に衣類のシワを伸ばせるから、男女ともに人気のアイテムになったんですね。

衣類スチーマーが2013年に現在の形になってから、累計出荷台数が100万台を突破したとのこと!
大人気なのが伺えるし、買いたくなる秘訣が隠されているはず。
このままだと一家に1台の必須アイテム!なんてこともあるかもしれないですよね。
恥ずかしい話ですが、アイロンをほぼ使ったことがない僕。
説明を聞いているだけで、、、うん!欲しくなったよねw

関連記事:

ピックアップ

キッズ向けレーベル「BEAMS mini」からボーイズ&ガールズラインが登場♪
新感覚の毛玉予防アイテム。毛玉を「防ぐ」衣類スプレー発売決定!
懐かしいけど新しい!「3COINS×PAC-STORE」コラボアイテムが新登場♪
家中の雑貨にムーミンが!?ディノスオリジナルの、「ムーミン」の北欧インテリアアイテムに注目