美容家・石井美保さんの時短スキンケアは“役割分担”がポイント。お気に入りの時短アイテム3選も

美容家・石井美保さんの時短スキンケアは“役割分担”がポイント。お気に入りの時短アイテム3選も

ビューティ業界でも評判の美肌の持ち主、美容家・石井美保さんはそのスキンケアへのこだわりで、美容誌編集者やブランドPRからも一目置かれる存在。さまざまなアイテムを使いこなし、自らその効果的な使用法まで編み出すほど。今回は、忙しいと手を抜きがちな夜のスキンケアで、石井さんが大切にしているポイントを紹介。夜は落とすこと、朝はあたえること、役割を分けたうえで2in1アイテムを使えば、効果的に時短できるはず。

Q.仕事で疲れて帰ってきた日は手を抜きがち。時短しながら効果的にスキンケアするにはどうしたらいい?

A.夜は落とす。朝はあたえる。スキンケアの役割を分担しながら2in1アイテムを使うことで時短できます

夜はメイクや汚れをしっかり落とすこと。あたえるケアは朝に、と“役割分担”して

「夜のスキンケアというとどうしてもクリームや美容液で“与えるケア”が大切だと思いがちですが、私がいちばん気を付けていることはメイクや汚れをしっかりでもやさしく“落とすケア”です。

疲れているとスキンケアが面倒になる気持ちはよくわかりますが、クレンジングだけはなにより大切で欠かせないことなのです。

実はそのことに私自身もアラフォーになって初めて気づきました。ずっと乾燥肌に悩まされていて、どんなにリッチなクリームや美容液を塗っても改善されなかったのです。

でもあるときから夜のケアを、シンプルにメイクや汚れをやさしくきちんと落とすことに注力してみたら、毛穴が小さくなって乾燥肌も改善され、透明感が出てきたのです。

ただ、メイクをしっかり落とせばいいということではなく、洗い方もポイントです。あくまでも肌をゴシゴシこすらず、やさしくポンポンと“押し洗い”をしてください。

そうして肌質が改善されていけば、寝ている間に自然と油分が肌の内側から出てくるようになるので、“自ら潤う肌”に育ててあげることができます。夜に過剰なケアをしすぎると、その力を弱めてしまうので気を付けてください。

その代わり、朝のスキンケアはしっかりと時間をかけて、あたえるケアを心がけて。きちんとスキンケアの時に顔に手を合わせて、肌の声を自分で聞いてみてあげるようにしましょう。

時短アイテムは2つの機能を1つにまとめてあって、効率よくステップを省けるものがおすすめです。その日の肌状態に合わせて、上手にアイテムを使い分けるようにしましょう」

石井美保さんが疲れた夜に欠かせない、2in1で時短がかなう優秀アイテムを紹介。

関連記事:

ピックアップ

点心も生いちごも好きなだけ。アフタヌーンティー「シノワ・ルージュ」がヒルトン東京にて開催
300万の電球がレインボーに輝く!お菓子の国をイメージした東京ドイツ村の【イルミネーション2021】
資生堂やSABONなど人気ブランドを体験!冬におすすめのヘッドスパ5選
池袋で街を巡って特典がもらえる「IKEBUKURO LOVE WINTER」キャンペーン開催!デートスポット紹介も