電子マネーのススメ! ズボラ主婦が1ヵ月で2万円の節約に成功

電子マネーのススメ! ズボラ主婦が1ヵ月で2万円の節約に成功

生活費を電子マネーで管理するようになってから、1ヵ月で2万円もの節約に成功した我が家のお話をします。
これを読めば、きっと電子マネーが使いたくなるハズ!
家計簿をつけるのが苦手な人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

節約はしたいが、家計簿はつけたくない私

なんとなく節約はしたいと思っているけど、レシートをあつめて家計簿をつけるなんて、そんな細かいことをしている時間はない……という言い訳を並べながら、毎月の生活費を赤字にならない程度に管理していた私。

最近ではスマートフォンで家計簿をつけられるアプリも登場していますが、それすらも面倒だと感じてしまうほどのズボラ主婦でした。

そんな私ですが、子どもが大きくなり、習い事を考え始めたころ「さすがに、なににいくら使ったのかを把握していないのはまずいかも」と危機感を覚えました。

どうにかできないかと考えたときに、電子マネーと出会ったのです。

電子マネーとは、専用のカードやアプリにお金をチャージして、データ化して使うお金のこと。

電子マネーを取り扱っているお店であれば、現金と同じように使うことができて、さらにポイントまでつくというメリットがあります。

近年、日本も電子マネー化が進んでいるということもあり、私もこの波に乗ってみよう!という軽いノリで始めた電子マネー管理でしたが、これが思わぬ節約に繋がったのです。

2つの電子マネーを使い分けることに

まずは、生活費の主な出費である「食費」と「日用品雑費」の2つを、分けて管理しようと考えました。

食費と日用品雑費を分けることで、それぞれ1ヵ月でいくら使っているのかを把握できるようするためです。

食費は、いつも利用している大型スーパー専用の電子マネーで、日用品雑費は、メインで使用しているクレジットカードに付属している電子マネーで管理するようにしました。

電子マネーは、あらかじめお金をチャージしておかなければ使えないので、とりあえず1ヵ月の予算である「食費3万円分」と「日用品雑費1万円分」を、月初めにそれぞれチャージしておきます。

最初に決まった金額をチャージしておけば、なんとかその金額内で乗り切ろうとするため、自然と節約ができるようになるのです。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方