子どものための貯金ができない!どうやって貯めればいい?

子どものための貯金ができない!どうやって貯めればいい?

お子さんが生まれて間もないご家庭とのご相談で、「子どもが産まれてお金がかかるのですが、貯金はどうやってしたらいいですか?」と多くの方がご質問されます。今回は子育てにかかる費用の推移と、お金がたまる考え方と仕組みをお伝えします。

 

お子さんが生まれて間もないご家庭とのご相談で、「子どもが産まれてお金がかかるのですが、貯金はどうやってしたらいいですか?」と多くの方がご質問されます。今回は子育てにかかる費用の推移と、お金がたまる考え方と仕組みをお伝えします。

 

年齢とともに子育てにかかる費用は増えていく

少し古いデータですが、『内閣府・平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査』によりますと、0歳児の平均年間子育て費用は約93万円、3歳児で約104万円、小学校1年生で約112万円、中学1年生で約152万円と、ほとんどの場合、年齢が高くなるほど費用が多額になる傾向にあります。(この子育て費用は、被服費・食費・生活用品費・医療費・保育費・学校教育費・学校外教育費・携帯電話料金・お小遣い・行事費・預貯金・保険・レジャー費などの合計です)

 

これらの金額は平均金額ですので、保育園や幼稚園、学校の費用、そのほか生活費などでご家庭ごとの違いはありますが、お子さんの年齢とともに増えてくる傾向はほとんどの家計で当てはまると思われます。

 

将来の教育費は貯金額を設定して家計を考えよう

教育費に限らず、将来のある時期に決まった金額が必要な場合には、使って残った金額をなんとなく積み立てるのではなく、決まった金額を貯金して、残った金額でやりくりすることを意識してみてください。慣れないと難しいかもしれませんが、

 

収入 - 支出 = 貯金 ではなく、

収入 - 貯金 = 支出 で家計を組み立てましょう。

 

そのためにも、教育費専用の口座を、お子さん名義や生活費を扱う口座とは別の金融機関で開設して、お給料から決まった金額を強制的に貯める仕組みを作ることをひとつの方法としておすすめします。

 

関連記事:

ピックアップ

「うそーん!」ショック…月経で汚したシーツを洗ったら思わぬ展開!
夜泣きや寝ぐずりにへとへと… 夜寝ないのには理由がある?【助産師】
「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-
「すごいね、えらいね」長女を優しく抱きしめてみたら…#イヤイヤ期だと思っていたら3