【離乳食のキホン】豆腐はたんぱく質、初めは慎重にあげましょう!

【離乳食のキホン】豆腐はたんぱく質、初めは慎重にあげましょう!

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。軟らかくのどごしがよく、離乳食メニューに取り入れるのに便利な豆腐ですが、赤ちゃんはいつから食べることができるでしょうか?今日は、離乳食に豆腐を使えるようになる時期と進め方の話をしますね。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。軟らかくのどごしがよく、離乳食メニューに取り入れるのに便利な豆腐ですが、赤ちゃんはいつから食べることができるでしょうか?今日は、離乳食に豆腐を使えるようになる時期と進め方の話をしますね。

 

豆腐を食べられるようになる時期

離乳食期に豆腐を始めるのは、離乳食開始から1カ月たったころが目安です。月齢でいうと、生後5カ月から離乳食を始めた場合は、生後6カ月ごろからがおすすめです。 離乳食は、まずおかゆ(10倍つぶしかゆ)からスタートし、滑らかに調理しやすく、のど越しの良い野菜に進みますね。野菜に食べ慣れ始めたころに、豆腐をスタートさせましょう。

 

豆腐を食べるとき気をつけること

最初は小さじ1からスタート

豆腐を始めるときは、まず<小さじ1>から始めましょう。これはほかの食材も同じですが、特に豆腐は、アレルギー表示義務7品目のうちのひとつですので、初めて食べるときは慎重に与えてくださいね。

 

少しずつ量を増やす

豆腐を食べスタートしてからは、急に量を増やすのではなく、徐々に量を増やしましょう。

 

目安量を守る

赤ちゃんの内臓は未熟なため、たくさんのたんぱく質を消化することができません。それぞれの月齢の目安量を守ってくださいね。

 

加熱する

大人は冷ややっこで食べられる豆腐ですが、離乳食に使うときは加熱してくださいね。

 

 

 

 

関連記事:

ピックアップ

「なぎさ」ちゃんが大人気!夏生まれの女の子に人気の「夏ネーム」は?<赤ちゃんの名前>
「が・わ・い・いー!」赤ちゃんと感動の初対面!夫婦でボロボロ涙をこぼして
<ヤバい義母>「約束したのに…」ママとパパに来てほしい。息子の訴えに夫がまさかの…
「愛犬が亡くなったショックで…」次々に体を襲う異変に戸惑い…【体験談】