「浮気=離婚」ではない。夫に浮気をされても夫婦円満に戻るには?

「浮気=離婚」ではない。夫に浮気をされても夫婦円満に戻るには?

ある日、夫の浮気が発覚したら……。あなたはそんなことを考えたことがあるでしょうか。


「まさかうちの夫にかぎって……。」
「うちの夫は時間もお金もないから大丈夫。」

そんな風に思っている方も多いと思います。

しかし、離婚相談の現場では、結婚したらみんな浮気をするんじゃないかと思うくらい、異性問題が理由で離婚に至る夫婦が多いのです。

まさに、配偶者の浮気は日常茶飯事、明日は我が身なのです。

今回は、夫の浮気が発覚した際の、上手な着地の仕方についてお伝えしたいと思います。

「浮気=離婚」ではない

今まで信じていた相手に裏切られるのは、本当につらい体験です。

「突然に地面が崩れ落ちるような感じ」、「食事の味が分からなくなった」、「何をしていても、一日中頭を離れない」など、相談者から語られる言葉は切実です。

浮気をされるということは、それだけショッキングな出来事なのです。だとすると、浮気発覚後は離婚へと進む夫婦が多いのでしょうか。

答えは「ノー」です。

子育て真っ最中の妻の場合、離婚後の経済不安が理由で離婚を躊躇します。

また、夫をほかの女性にとられると思ったり、夫の気持ちが自分から離れていることが分かると、余計に追いかけたくなる心理も働きます。

そのため、浮気をされても、一度は「許す」という選択をする妻も少なくありません。

しかし、夫の浮気という大事件の後、元の仲の良い夫婦に戻るのはそう簡単ではありません。

浮気後の修復がうまくいかない理由

再犯への不安

浮気はとても常習性が高かったりしますので、夫から「もうしない」という反省の弁を引き出したとしても、妻は常に「また裏切られるのでは。」と不安になってしまいます。

そして、その不安を解消するため、夫のカバンや財布の中をチェックしたり、携帯電話をこっそり見たりしてしまうのです。

場合によっては、浮気の罰として、そういった点検行為が公然と行われることもありますが、夫にしてみれば、「いつまで俺を犯罪者扱いすればいいのか」という不満につながったりします。

また、妻としても、「こんなことをしないと夫を信じられない自分が嫌だ。」と、自己嫌悪に陥ることも少なくありません。

一度あることは二度ある、二度あることは三度ある、そんな不安が妻を点検行為にはしらせ、夫婦関係の更なる悪化をまねくのです。

いつまでも責める

頭では相手のことを許したいと思っていても、離婚せずに許してあげていることが何だか理不尽に感じたり、自分だけ我慢させられているように感じたりします。

そんな状態が続くと、ついつい、ことあるごとに夫を責めたり、いつまでも過去の浮気を持ち出してちくちくと嫌味を言ったり……、ということになるのです。

夫としても、悪いことをしたのは重々承知ですから、最初は平謝りに謝ります。

しかし、あまりにいつまでも過去の浮気を責められると、「いつまでもしつこい」、「だったら、もう離婚でいい」となってしまうのです。

浮気が発覚した後、一度は関係修復を選んだ夫婦でも、「過去の浮気」にとらわれすぎてしまうと、関係修復が難しくなってしまうのです。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方