シングルマザー・シングルファザーをサポートする主な制度

シングルマザー・シングルファザーをサポートする主な制度

シングルマザー・シングルファザーの世帯(以下、ひとり親世帯)は、2015年の厚生労働省の調査によると、1988年と2011年の25年間で比較すると1.43倍(102.2万世帯⇒146.1万世帯)に増加しているとのことです。

 

シングルマザー・シングルファザーの世帯(以下、ひとり親世帯)は、2015年の厚生労働省の調査によると、1988年と2011年の25年間で比較すると1.43倍(102.2万世帯⇒146.1万世帯)に増加しているとのことです。

 

そのため、ひとり親世帯をサポートする制度も拡充されていますが、制度も多岐に渡るため分かりにくい部分もあります。今回は、ひとり親世帯をサポートする、主な制度についてまとめてご紹介します。

 

1.児童扶養手当

児童扶養手当は、ひとり親世帯を対象に、最大月額42,330円の手当が支給されます。保護者の所得や扶養人数に応じて、支給額が変わります。また、子どもの人数が増えると加算がされます。お住まいの市区町村での申請が必要です。

 

参考:児童扶養手当とは?

 

2.児童育成手当

児童育成手当は、東京都で実施されている制度で、児童扶養手当とは別の制度です。ひとり親世帯に対して、児童1人につき月額13,500円が支給されます。保護者の所得によって支給制限があります。

 

また、東京都以外でも名称や金額などの条件は異なりますが、独自の手当を実施している市区町村もあります。お住まいの市区町村で確認しましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「薄毛が加速してる!?」生後1カ月でお地蔵さんみたいなツルツル頭に!? #58
「いるんでしょ!?」毎日家にやってくる義母⋯応答できなかった私に義母が起こした衝撃の行動とは
「しくじった!」話題の月経カップ初体験!セレクトミスで見事に漏れた…
ママ友の子どもを預かることに…そんな時に気を付けたことと反省点とは?