シングルマザー・シングルファザーをサポートする主な制度

シングルマザー・シングルファザーをサポートする主な制度

シングルマザー・シングルファザーの世帯(以下、ひとり親世帯)は、2015年の厚生労働省の調査によると、1988年と2011年の25年間で比較すると1.43倍(102.2万世帯⇒146.1万世帯)に増加しているとのことです。

3.ひとり親世帯向けの住宅費助成など

一部の市区町村で実施されている制度です。実施している多くの市区町村では、20歳未満の児童を養育しているひとり親世帯で賃貸住宅の家賃を支払っている場合に、家賃の一部が助成されます。

 

助成を実施していない市区町村でも、公営住宅の優先入居や家賃の減額など別の方法でサポートを受けられることがあります。

 

 

 

4.そのほかの助成

それ以外にもいくつかの助成がありますが、都道府県単位、市区町村単位で実施されていますので、制度があるかお住まいの市区町村でご確認ください。  

 

①教育訓練給付金

ひとり親世帯の親が、就職・転職・スキルアップのため、事前に指定を受けた講座を受講すると受講料の一部が助成されます。  

 

②高等職業訓練促進給付金

ひとり親世帯の親が就職・転職などのため、1年以上学校に通学して必要な資格を取得する場合に、修学期間中の生活の安定を図るために一定期間、給付金を支給されます。  

 

③ひとり親家庭医療費助成

子どもであれば一律受けられる乳幼児医療費助成とは別に、ひとり親世帯に医療費の自己負担分が助成されます。

 

関連記事:

ピックアップ

「意識がない…」頭を打った息子のもとに駆け寄ると… #息子が小児顔面神経麻痺になりました 2
「さばかれる!」怯えること2カ月…ついにこの瞬間が!/卵巣嚢腫日記。#18
「子どもを使って奢らせる気だった?」ママ友のあくどいやり方に… #ママ友の財布 13
「まったく今の子は」病院でヒソヒソ…生理痛よりつらかった周囲の偏見