乳幼児の医療費助成って住んでいる市区町村で違うの?

乳幼児の医療費助成って住んでいる市区町村で違うの?

子どもが小さい頃は市区町村で医療費を補助する制度があることは聞いたことはあるけど、お子さんが生まれる前の方はどのようなものか分からないことも多いと思います。今回は乳幼児の医療費助成について簡単にご説明します。

 

子どもが小さい頃は市区町村で医療費を補助する制度があることは聞いたことはあるけど、お子さんが生まれる前の方はどのようなものか分からないことも多いと思います。今回は乳幼児の医療費助成について簡単にご説明します。

 

乳幼児の医療費は市区町村から助成が受けられる

健康保険証を提示することで医療費の自己負担は3割掛かることは多くの方がご存知と思いますが、小学生未満のお子さんでも2割の医療費を自己負担する必要があります。

 

この2割の自己負担に対し、一部または全額について市区町村が補助をしてくれる制度が乳幼児の医療費助成です。厚生労働省の調査によると、全国すべての市区町村で独自の助成制度を設けています。

 

乳幼児の医療費助成は市区町村によって内容や対象年齢等が異なる

乳幼児の医療費助成は、お子さんも健康保険等に加入していることが前提です。お勤めの方は健康保険・共済組合に扶養の届出を、自営業の方は国民健康保険にお子さんも加入する届け出をして、お子さんにも保険証を用意する必要があります。

 

なお、制度の名称や内容は市区町村ごとに違いがあります。例えば、通院の助成は小学生2年生までのところもあれば、高校生相当年齢(18歳になり、最初の3月31日を迎えるまで)まで助成を受けられるところもあります。対象年齢だけでなく、負担額や手続き方法、所得制限の有無なども市区町村によって異なります。

 

関連記事:

ピックアップ

「聞いたら引かれる?」結婚前に知っておきたいけど…どうやって!?/結婚相談所-入籍編-
「愛情不足?」甘えたいモードの長女をスルーし続けた結果…#イヤイヤ期だと思っていたら2
「うるさぁぁい!!」癇癪を起こしてついに!先生が引き止めるも…【保育園のお話 手がかかる子!?編4】
【しまむら】SNSでイロチ買い報告続出!高見えするハイネックリブニットが1,419円!