どうしても多くなるママの荷物!ひと工夫でコンパクトにしよう

どうしても多くなるママの荷物!ひと工夫でコンパクトにしよう

こんにちは。ママライターの鳥居香咲です。子どもとお出かけするとき、自然と荷物が多くなってしまいますよね。子どもを抱っこして、そのうえに大荷物……なんてことを避けたかった私は、自分なりに工夫をしてコンパクトにしました。その実践術をお伝えしたいと思います。

 

こんにちは。ママライターの鳥居香咲です。子どもとお出かけするとき、自然と荷物が多くなってしまいますよね。子どもを抱っこして、そのうえに大荷物……なんてことを避けたかった私は、自分なりに工夫をしてコンパクトにしました。その実践術をお伝えしたいと思います。

 

なぜ荷物が多くなるのか?

 

お出かけをするとなると、いざというときに必要だと思い、とくに月齢が小さいときほど、カバンにあれこれ入れてしまいます。

 

私もはじめは、写真のような大きなマザーズバックをどこに行くにも持ち歩いていました。しかし、子どもの月齢が上がると体重も重くなり、大荷物と合わせると大変!お出かけ中も荷物がジャマになって仕方ありませんでした。

 

そこで、コンパクトにしようと考えたんです。

 

出かける時間、場所を考えて物を選ぶ

 

まず改めて考えたのは、「どれぐらいの時間」「どこに行くのか」で荷物を考えるということです。買物に行くのか、食事に行くのか、児童館や公園に行くのか……。

 

いろいろ考えた結果、私の必要最低限のグッズは、おむつ一枚、必要最低限のおしりふき、薄手のハンカチ、ペンやメモ、買い物のビニール袋などになりました。遠出、長時間家を出ない限りは、これでお出かけしています。お昼を食べて帰るときなどは、ここにお食事エプロンも追加しています。

 

また、児童館だと衣類を貸して頂けたり、ショッピングモールだと一枚からオムツが売られていたりと、もしもの時でも対応はできます。

 

関連記事:

ピックアップ

「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-
「すごいね、えらいね」長女を優しく抱きしめてみたら…#イヤイヤ期だと思っていたら3
「どうしてうまく飲めないの?」赤ちゃんのコップ飲みが上達する方法
毎日食べなくてもOK!途中で切り上げてもいい? 助産師が離乳食初期のムダを省きます!