どうしても多くなるママの荷物!ひと工夫でコンパクトにしよう

どうしても多くなるママの荷物!ひと工夫でコンパクトにしよう

こんにちは。ママライターの鳥居香咲です。子どもとお出かけするとき、自然と荷物が多くなってしまいますよね。子どもを抱っこして、そのうえに大荷物……なんてことを避けたかった私は、自分なりに工夫をしてコンパクトにしました。その実践術をお伝えしたいと思います。

私がした工夫!

 

必要最低限グッズを持って行くときに、いくつか工夫をしました。まず、おむつは小さめのビニール袋に入れました。ビニール袋は、おむつを替え終わったあとのごみ袋の役目も果たします。

 

次におしりふき。以前は、おしりふきのパックをまるまる持ち歩いていましたが、今は必要な枚数をジッバーの付いた袋に入れて持ち歩いています。そうすると、乾燥も防げるうえに、かなり荷物のカサが減ります。エプロンを持って行くときは、使い捨てにすると、さらにコンパクトになります。

 

 

荷物がさらに増える場合は、子どものリュックに入れて持たせたりもしています。1歳ぐらいから、軽いものでチャレンジさせてみてくださいね。小さな工夫で、なるべく身軽に、楽しくお出かけしましょう!(TEXT:ママライター鳥居香咲)

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「意識がない…」頭を打った息子のもとに駆け寄ると… #息子が小児顔面神経麻痺になりました 2
「さばかれる!」怯えること2カ月…ついにこの瞬間が!/卵巣嚢腫日記。#18
「子どもを使って奢らせる気だった?」ママ友のあくどいやり方に… #ママ友の財布 13
「まったく今の子は」病院でヒソヒソ…生理痛よりつらかった周囲の偏見