おすわりが上手になっても周りは万全に!おすわり時期の工夫

おすわりが上手になっても周りは万全に!おすわり時期の工夫

こんにちは。ママライターの石原みどりです。赤ちゃんがおすわりできるようになると、さらに成長したことを実感できますよね。赤ちゃん自身も、興味が広がってとてもうれしそう。今回は、赤ちゃんのおすわり時期に工夫したことをお伝えしたいと思います。

 

こんにちは。ママライターの石原みどりです。赤ちゃんがおすわりできるようになると、さらに成長したことを実感できますよね。赤ちゃん自身も、興味が広がってとてもうれしそう。今回は、赤ちゃんのおすわり時期に工夫したことをお伝えしたいと思います。

 

補助シートでお座りの練習

赤ちゃんがおすわりできるようになると、視野も興味も広がって、お世話が少し楽になりました。腰がある程度すわった赤ちゃんであれば、補助シートにすわらせてあげることができます。

 

わが家では1人目のときは補助シートを使わなかったのですが、2人目のときに使用してみると、とても便利!空気で膨らませるタイプのもので、5カ月ごろからすわらせていました。前も後ろもクッション性があり、赤ちゃんもよろこび、とても役立ちました。お風呂でも使えるタイプもありますよ。

 

しっかりおすわりができてたのに転倒することも

少し腰がすわってくると、少し前のめりになりながらもすわれるようになります。1人目は8カ月ごろ、2人目は7カ月ごろにひとりでおすわりができるようになりました。

 

最初は、大きな座布団の上にすわらせて、これで大丈夫だろうと思っていたのですが、後ろを振り向いたときや、おもちゃに手を伸ばしたときなどにバランスを崩し、コロンと転倒。体がやわらかいので上手に転ぶのですが、ときどき後ろに倒れることがありました。

 

関連記事:

ピックアップ

「まずは私から見せるか…」聞くなら今のうち?勇気を出していざ…!/結婚相談所-入籍編-
「まだ歩けないの〜?」周りの声にイライラ加速。からのまさかの事態にあ然!?【ママならぬ日々163話】
たった1日でおむつ卒業!?1歳10カ月でトイトレ失敗を経てまさかの…
100万回再生!まさかの13人目もアリ!? 12人を産んだ助産師HISAKOさんが本音を告白