育児日記代わりにも!保育園の「連絡ノート」を上手に活用しよう

育児日記代わりにも!保育園の「連絡ノート」を上手に活用しよう

この春から保育園が始まって、「連絡帳」の存在を知ったという人は多いのではないでしょうか。毎日なにを書けばいいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、保育園の連絡帳の書き方について紹介します。

 

この春から保育園が始まって、「連絡帳」の存在を知ったという人は多いのではないでしょうか。毎日なにを書けばいいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、保育園の連絡帳の書き方について紹介します。

 

「連絡帳」の目的とは?

連絡帳は、子どものことに関してママと保育園の間でやりとりをする、いわば“交換日記”のようなもの。「体温」「睡眠時間」「朝食の内容」などとともにコメントを書き込み、毎朝登園のときに提出します。

 

連絡帳の目的のひとつは子どもの体調について把握すること。気がかりなことを保育園と共有しておけば、いざ子どもの体調に変化があったときに園側も対応しやすいのです。

 

体調の変化はできるだけくわしく書く

子どもの体調がいつもと違うと感じたら、できるだけ具体的に書くことをおすすめします。

 

<例>

* 昨夜から咳が出ているのが気になります。夜はあまりよく眠れなかったようです。

* テーブルに頭をぶつけました。こぶになりましたが、今朝は痛がっている様子はありません。

* いつもより朝食を食べませんでした。熱はありませんが、うんちが少しゆるいです。

* インフルエンザの予防接種を受けました。少し赤く腫れていますが体調には問題ありません。

 

こうした記述があれば、保育中にも気を付けて子どもを観察できますし、園での子どもの様子をお迎えのときに細かく伝えることもできます。もちろん体調に変わりがない場合には「いつも通り元気です」「とくになし」などのひとことでもかまいません。

 

 

関連記事:

ピックアップ

赤ちゃんが大好き!毎日使いたい「オノマトペ」って何だか知ってる?
「は?借金!?」住宅ローン審査で夫のカードローンが発覚!マイホームどころではなくなり…
「うるさいな!」夫のイライラが爆発!八つ当たりされて… #夫が別人のようになった話 6
「持つべきはママ友!」入院の報告&相談したら/40代婦人科トラブル#36