脱・おっぱい!現役ママが実践したおっぱいに頼りすぎない寝かしつけ

脱・おっぱい!現役ママが実践したおっぱいに頼りすぎない寝かしつけ

息子が1歳を過ぎたころ、自然とおっぱい離れが進んでいましたが、寝かしつけのときはおしゃぶり感覚でおっぱいがないと寝つけない状態でした。そんな息子と私が、脱・おっぱいに頼りすぎる寝かしつけを試みた話をお伝えします。

 

息子が1歳を過ぎたころ、自然とおっぱい離れが進んでいましたが、寝かしつけのときはおしゃぶり感覚でおっぱいがないと寝つけない状態でした。そんな息子と私が、脱・おっぱいに頼りすぎる寝かしつけを試みた話をお伝えします。

 

おっぱいに頼りすぎてた寝かしつけ

私の息子は、ほぼ完全母乳で育ちました。粉ミルクを使ったのは、生後2~3カ月ごろに母乳が足りないときに足す程度でした。

 

息子がおっぱいなしで寝つけなくなったのは、生後6カ月ごろです。それ以前は抱っこで寝ることもあったのですが、どんどんおっぱい好きになり、おっぱいがないと眠れないようになってしまいました。しかし、おっぱいを飲みたがってるというよりも、あると落ち着くという感覚で、おしゃぶりのようでした。

 

眠るためにおっぱいは必要?

1歳をすぎたころには、日中におっぱいをほしがることはなくなり、おやつやごはん、おっぱい以外の飲みものなどで満足しているようでした。そこで、おしゃぶり感覚のおっぱいは、息子に必要なのか考えるようになりました。

 

定期健診での育児相談では、1歳すぎのおっぱいは栄養補給ではなく、ママと子どものコミュニーケーションのためのものという話を聞きました。そこで私は、息子が1歳をすぎたある日、断乳を試みることにしました。

 

関連記事:

ピックアップ

「マジかよ…」デート当日、告白の答えは真っ白!?最後の決断は…/結婚相談所-夫編-
「ひぃ〜っ」公園のじゃぶじゃぶ池で娘の足に起きた惨事とは?【ママならぬ日々162話】
2人目出産後、心身が苦しくなり…育児がつらかった私を救ってくれたもの
子どもが欲しい人は要チェック!2022年4月から不妊治療に保険が適用されます!