ごはんにもおやつにも大活躍!おにぎりのススメ

ごはんにもおやつにも大活躍!おにぎりのススメ

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、1歳を過ぎた赤ちゃんから幼児食まで、みんなが大好きなおにぎりについてお話しします。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。今日は、1歳を過ぎた赤ちゃんから幼児食まで、みんなが大好きなおにぎりについてお話しします。

 

おにぎりの素敵なところ

おにぎりは、わが家のふだんの食事の中でも大活躍していて、素敵なメニューだと思っています。とくに朝食!「おかずが少ないかな?」という日におにぎりを作ると、見栄えもよくなります。

 

おにぎりを朝食に取り入れると、子どもも食べやすいようで、とくに幼児期は毎日のようにひと口サイズのおにぎりを登場させていました。おにぎりのよさは、手軽、栄養満点(エネルギー)、子どもが好きという3拍子がそろっていることではないでしょうか。

 

おにぎりはおやつにもなる!

おにぎりのもうひとつのよさは「おやつにも変身する」という点ですね。

 

赤ちゃんや子どもにとっておやつは、4.5回目の食事。食事の代わりになるものを用意してあげるといいですね。そんな赤ちゃんのおやつに大活躍するのが、そう!まさに「おにぎり」なのです。

 

関連記事:

ピックアップ

「え!抜けない…」一瞬目を離した隙に!予想だにしないレスキュー要請の理由は…? #1
ビリッ!「めちゃ痛い…」股が破けた!?出産後、赤ちゃんを一度も抱けずに運ばれて不安に #5
離乳食インストラクターが教える! 「手づかみ食べ」で学ぶ3つのこと
「彼のやさしさがしみた…」動けないほどの重い生理痛を救った「頑張れ袋」