出産してはじめて「子どもがあまり好きではない」と気付いてしまったら

出産してはじめて「子どもがあまり好きではない」と気付いてしまったら

こんにちは!日本コミュニケーション育児協会の珠里です。意外に多く耳にするのが「子どもを好きだと思っていたのに、生まれてみて、子どもがあまり好きではないと気が付きました」というママたちの悩み。

 

こんにちは!日本コミュニケーション育児協会の珠里です。意外に多く耳にするのが「子どもを好きだと思っていたのに、生まれてみて、子どもがあまり好きではないと気が付きました」というママたちの悩み。

 

そして、そのネガティブな感情に罪悪感を抱えてしまっているということ。今日はそんなみなさんにメッセージをお伝えします。

 

どんな感情を持ってもいいんです!

そのネガティブな感情を持ってしまうことでご自身を責めたり、罪悪感を持たなくてもいいんですよ。どんな感情を持ったっていいんです!なにより、まずはその感情を自分自身が認めることが大切なんです。

 

自分の感情を「見・留める=認める」ことから始めよう♪

まずは、責めるのではなく「見・留める=認める」こと。ご自身のネガティブな感情やネガティブな感情を持ったご自身を、受け入れ、認めることから始めましょう。

 

「そうか、私はそう思ったんだ」と、ただ「見・留める=認める」だけでいいんですよ。

 

関連記事:

ピックアップ

「なるべく安く」で失敗!?最初から電動を買えばよかった⋯搾乳器購入で後悔したこと
3年間で133.2万円も?幼児教育・保育の無償化の概要と注意点をおさらい
話がかみ合わないパパにイライラ!質問の仕方を変えると変化が見られて…
太ももがひんやり…ってまさか!?職場復帰で大失態!産後の油断が招いた悲劇