おもちは本当に母乳にいいの?なぜ母乳にいいといわれている?

おもちは本当に母乳にいいの?なぜ母乳にいいといわれている?

授乳中、よく親世代の人から「母乳にいいから」という理由で、おもちを食べるようにすすめられることがあります。なぜ、おもちがいいといわれているのでしょうか。今回は、母乳のための食べたい食事についてお伝えします。

 

授乳中、よく親世代の人から「母乳にいいから」という理由で、おもちを食べるようにすすめられることがあります。なぜ、おもちがいいといわれているのでしょうか。今回は、母乳のための食べたい食事についてお伝えします。

 

おもちを食べるように言われるのはなぜ?

エネルギー源となる、おもち。現代の私たちのように栄養のとれた食事をとることが難しかった昔の場合、とくにおもちはごちそうとされ、今以上に貴重な食料でした。

 

そのため、幼い子どもをしっかり育てるためにも、まず母親が母乳を出すためのエネルギー源として、おもちを食べるようにすすめられていたのでしょう。それが、現代まで語り継がれています。

 

母乳のためにおもちを食べる必要はありません

授乳中、エネルギー源になる主食を抜かないようにすることは大切ですが、母乳を出すためという理由で、おもちを食べる必要はありません。主食としてごはんを食べるように、おもちも食べましょう。

 

ちなみに切りもち1個のエネルギー量は約120kcalぐらい。むしろ一度に何個もおもちを食べると、エネルギーのとりすぎにつながるので注意が必要です。

 

関連記事:

ピックアップ

「なんでそんな言い方!?」絶対ミスった!告白の返事がおかしなことに…?/結婚相談所-夫編-
育休中に不妊治療をスタート、そのまま2人目産休へ!働くママが悩みながら決断した2人目計画
「出したいです!」医師の問いかけに即答したものの、レントゲンの結果は…【2人目は巨大児21】
「このお給料で貯金ゼロ!?」夫の金銭感覚にドン引き!貯められない夫のワケとは…