軟らかい食べ物で歯並びが悪くなる?!  よく噛むといい4つのメリット

軟らかい食べ物で歯並びが悪くなる?!  よく噛むといい4つのメリット

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食後期は「カミカミ期」という言い方をすることもあります。赤ちゃんはこの時期から食べ物を噛む練習を始めます。噛むということはただ単に食べ物を飲み込むためだけではありません。よく噛むことは赤ちゃんにどんどんしてほしいこと。なぜなら、嚙むといいことがたくさんあるからです。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食後期は「カミカミ期」という言い方をすることもあります。赤ちゃんはこの時期から食べ物を噛む練習を始めます。噛むということはただ単に食べ物を飲み込むためだけではありません。よく噛むことは赤ちゃんにどんどんしてほしいこと。なぜなら、嚙むといいことがたくさんあるからです。

 

今日は、「よく噛むといいことばかり」というテーマでお話ししますね。

 

現代と昔の噛む回数の比較

戦前と現代の私たちの1回の食事のかむ回数を調べると、半分ほどに減っているといいます。噛む回数が少ないので、食事時間も戦前は約20分ほどだったのが10分程度になっているそうです。その原因は様々だとは思いましが、軟らかい食事が増えたことも一因かもしれません。

 

噛むと口の中はどうなる?

唾液が分泌されます。唾液がたくさん出ることで口の中がきれいになって虫歯予防にもつながります。

 

関連記事:

ピックアップ

「借金とかじゃないよね!?」お家デート中に気になったのは…/結婚相談所-入籍編-
「すごいね、えらいね」長女を優しく抱きしめてみたら…#イヤイヤ期だと思っていたら3
「どうしてうまく飲めないの?」赤ちゃんのコップ飲みが上達する方法
毎日食べなくてもOK!途中で切り上げてもいい? 助産師が離乳食初期のムダを省きます!