授乳中は乳ガン検診が受けられないって知ってた?

授乳中は乳ガン検診が受けられないって知ってた?

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。最近では有名人の乳がんなども報道され、検診の重要性を聞く機会も多いと思います。今日は、授乳中の乳ガン検診についてお話しします。

 

こんにちは、助産院ばぶばぶ・院長のHISAKOです。最近では有名人の乳がんなども報道され、検診の重要性を聞く機会も多いと思います。今日は、授乳中の乳ガン検診についてお話しします。

 

授乳中は正しく診断ができない

授乳中は乳腺組織が増加するので正確な診断ができず、乳ガン検診は推奨されません。卒乳し、乳腺組織が通常状態に戻れば問題なく受けられます。

 

乳腺炎などを除いて、おっぱいのしこりは乳腺の石灰化がほとんどです。乳管のなかにカルシウムが沈着することによって起きる変化です。乳腺は生殖器官のひとつなので、毎月女性ホルモンの影響を受けています。 生理前には乳腺が発達して30%ほど容積を増し、この時期になると 張りや痛みを自覚することがあります。

 

乳腺は毎月変化をしている

乳腺は性周期にともない変化を繰り返し、さらに妊娠や授乳によってその変化は大きくなります。

 

必ずしも毎回乳腺全体に均一におこり、完全に元に戻るわけではなく、部分的に強く変化が起きたり、元に戻りきらない個所があるなど、部位によって 異なった反応がおきることがあります。

 

これが毎月積み重なっていくうちに、乳腺の中にさまざまな良性変化を残してしまうことがあります。それらを総称して『乳腺症』といいます。 最近では、乳腺症は生理的なものと考えるようになってきました。

 

 

 

関連記事:

ピックアップ

「まだ早いんじゃない?」でも結婚したい!彼の頼もしさに心動かされ…
「もうすぐ6歳だよ!いつ生まれるの?」返答に困る、6歳児の斬新な質問とは…?
「本当はね…」子育てに介入する義母にモヤモヤ!しかし意外な義母の想いを知って…
「うそーん!」ショック…月経で汚したシーツを洗ったら思わぬ展開!