「知ってて当然」は本当に当たり前?助産師が思う知識や情報のこと

「知ってて当然」は本当に当たり前?助産師が思う知識や情報のこと

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは。助産師のREIKOです。先日、生後5カ月の赤ちゃんがはちみつの摂取が原因とされ、亡くなった悲しいニュースがありました。このニュースを知って、あらためて専門家として思うことがありましたのでお伝えしたいと思います。

 

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは。助産師のREIKOです。先日、生後5カ月の赤ちゃんがはちみつの摂取が原因とされ、亡くなった悲しいニュースがありました。このニュースを知って、あらためて専門家として思うことがありましたのでお伝えしたいと思います。

 

「知ってて当然」は誰しもの当たり前ではないことも

「“1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけない”ということは、子育てをしている人なら知ってて当然」という声を聞きます。では、この知識は、いつ・どこで・どのように得たものでしょうか?

 

子どもを持つことをきっかけに、母子手帳や育児本を読んだり、妊娠中の母親教室や地域の離乳食教室で習ったり、あるいはネットの情報で……など、知る機会は少なくありません。「知ってて当然」と思うのもわからなくもありません。

 

しかし、育児をしていくうえで、相談する人がいないだとか、誰に(どこに)相談していいかわからないというように、そのような情報を得る手段がない、あるいは情報を得る方法を知らなかったという方もいらっしゃいます。

 

知っているからこその落とし穴

私が病院で働いていたころのある妊婦健診でのできごとです。医療関係のお仕事をしているママが、腰痛のため、ご自身が持っていた痛み止めのお薬を使っているとお話しされました。

 

お薬の名前を聞いて、スタッフは大あわて!たしかにそのお薬は、痛み止めとして使われるお薬でしたが、おなかの中の赤ちゃんの命にかかわることもある、妊娠中に使ってはいけないお薬だったのです。

 

その後の検査で、おなかの中の赤ちゃんにはお薬の影響がなかったのでよかったのですが、医療の知識があることで自己判断してしまうケースもあるんです。また、医療関係者なら知っていて当然と思うことも、自分の専門外のことは意外と疎いことも。

 

関連記事:

ピックアップ

発達や家庭環境は問題ない!?感情が爆発してしまう理由とは…【保育園のお話 手がかかる子!?編2】
「はぁ!?」ママ友呼び捨て&失言する夫についにブチギレ!#ママ友ありえない話12
「ズキズキッ!」生理痛?にしては痛すぎる!猛烈な腹痛で病院に行くと…
「パパじゃない!」わが子のことより携帯に夢中な夫。娘の発言にショックを受けて…