頭痛・吐き気は眼精疲労が原因ということも。眼精疲労の解消法

頭痛・吐き気は眼精疲労が原因ということも。眼精疲労の解消法

長時間パソコンを使ったり、本を読んだりしているとき、頭痛が起きたことはありませんか?
それ、眼精疲労から頭痛が発生しているかもしれません。その解消法をまとめました。


頭痛にはたくさんの種類がありますが、なかでも片頭痛と緊張型頭痛は、眼精疲労が引き起こしている可能性が大きいもの。

そのため、眼精疲労を解消すれば、頭痛も改善します。

まず、眼精疲労とは休息や睡眠をとっても十分に回復しない状態のことをいいます。

休めば治る一時的な目の疲れは、眼疲労です。眼精疲労になると、他の体の部位にも悪影響を与え、慢性的にそれが繰り返されます。

パソコン作業や読書などで目を酷使した結果、眼精疲労が起こるのはもちろん、もともと目の病気を持っている場合やドライアイ、ストレス、そして体の病気から起こることもあるのだそう。

目のまわりの筋肉や、目の中の筋肉が疲労して起こるため、それらとつながる頭皮の筋肉も固く硬直します。

特に、両側の側頭部や後頭部にある側頭筋や後頭筋。眼精疲労や精神的緊張からくるストレス状態が続いた場合に、無意識に筋緊張が起こり、それが続くと頭痛となって現れはじめるのです。

PCやスマホが原因の眼精疲労が急増中

最近特に注意が必要なのがパソコンやスマートフォンです。

目にはピント調節機能をつかさどる、毛様体という部位があります。毛様体には、毛様体筋という筋肉があり、それを動かしてピント調節するわけです。

パソコンやスマートフォンといった、近くのものをずっと見続けることが増えた昨今。

人が近くのものを見ている間中、毛様体筋は緊張している状態。

そのため、毛様体筋の負担が大きくなりすぎることが原因の眼精疲労が、近年急激に増加しています。

長時間近くのものを見る時には、毛様体筋の負担を減らすことが必要です。

眼精疲労専門外来では、近くを見る時に目の負担を減らすよう度数を調整したデスクワーク用メガネを処方しているそう。

生活環境を見直して目を楽に

眼精疲労からの頭痛を防ぐには、目を疲れさせないような生活環境に改善することが大切です。下記のことを実践しましょう。

1)コンタクトやメガネの人は自分の視力にピッタリあったものを使う
2)本を読んだり、PC画面を見る時は目から40cm離す
3)部屋の照明を読み書きするのに楽な明るさに調整する(明るすぎもNG)
4)部屋の照明の明るさを調節する。読み書きするのに暗すぎる部屋、逆に明るすぎる部屋も目の負担に

また、パソコン作業の時は、目を酷使するもっとも大変なもの。

まず、肩こりも頭痛の原因になるので、机と椅子のバランスを見直し、姿勢を伸ばして作業できるように調整を。

また、目線に対してモニターが下になるように置きましょう。

目が上向きになると、まぶたが大きく開き、目の角膜の表面にある水分が蒸発し、ドライアイに。

目の周りの眼輪筋にも負担がかかるし、頭を上げているので、首や肩も疲れます。

モニターは、キーボードまわりの明るさと一定になるように調整を。

モニターが明るすぎると、目の瞳孔の括約筋が絞られ、この状態で長時間パソコン作業をすると目の筋肉が疲れてしまうためです。

また、パソコンを使い場合は、1時間に1回10~15分の休憩をし、目を休ませるようにしましょう。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方