離乳食初期に大切な「5つの慣れる」とは?

離乳食初期に大切な「5つの慣れる」とは?

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。生後5.6カ月になると、ママが意識し始めることに「離乳食」があります。ママにとって一人目の赤ちゃんだったら、初めての経験ですよね。ママが初めての離乳食ということは、赤ちゃんも初めて。きっと、赤ちゃんもドキドキしていますよ。

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。生後5.6カ月になると、ママが意識し始めることに「離乳食」があります。ママにとって一人目の赤ちゃんだったら、初めての経験ですよね。ママが初めての離乳食ということは、赤ちゃんも初めて。きっと、赤ちゃんもドキドキしていますよ。

 

初めての離乳食。ママが赤ちゃんの発達のことを知っていれば、離乳食の進め方も変わってくると思います。今日は、初期の赤ちゃんの離乳食を進めるうえで大切な「5つの慣れる」についてお話しします。

 

離乳食初期の離乳食の役割

まず、この時期の赤ちゃんの離乳食の役割についてお話ししますね。

 

離乳食期の赤ちゃんは、食べる量を気にする時期ではありません。特に離乳食初期は、食べる練習をする第一歩としてとらえましょう。

 

赤ちゃんの反応はその子その子によっていろいろです。離乳食初日から、上手にゴックンできる子もいれば、ビックリして泣いてしまう子もいます。「どうして泣くの?」とママは悩んでしまうかもしれませんが、赤ちゃんの気持ちになって感じてみてください。

 

離乳食初期の<5つの慣れる>とは?

食べ物の感触

 

まずは、食べ物の感触に慣れることです。今まで食べ物といえば、おっぱいやミルクの感触しか知らなかった赤ちゃん。急に離乳食という異物が口の中に入って来たら??ビックリですよね。まずは少しずつ離乳食の感触に慣れることが大切です。

 

食べ物の味

 

食べ物の感触でもお話ししましたが、今まで食べ物はおっぱいやミルクだけだった赤ちゃん。それ以外の味を初めて味わうのですから。赤ちゃんの味覚は、大人の3倍ほどに感じると言います。どれだけ赤ちゃんの味覚が敏感なんだろう!ということですね。

 

食べ物の香り

 

食べ物の香りも初体験です。感じたことのない香り。大人なら、ドキドキしちゃうでしょうね。

 

ゴックンすること

 

食べ物をゴックンすることも初めてです。おっぱいなどを飲む哺乳能力は生まれもって持っている赤ちゃん。でも、食べ物をゴックンすることは練習して獲得する能力なのです。徐々に徐々に上手になっていきますよ。

 

スプーンの感触

 

スプーンの感触も初めてですね。離乳食インストラクター仲間は、離乳食用に6本スプーンを用意していました。プラスティックのスプーンから木のスプーンに変えただけで食べるようになった!という例もありますよ。

 

関連記事:

ピックアップ

「思考が山手線だ…」顔はタイプ、条件はほぼクリア!それでも迷うのは…/結婚相談所-夫編-
想像以上にハードで産後に後悔!? 2人目妊娠中にやっておけばよかった3つのこと
「えっ豹変?」25人を一人で保育!問題なく見えた子が驚愕の行動に!?【保育園のお話 手がかかる子!?編1】
【ユニクロ】1本あればコーデがキマる!体型カバーできる美シルエットのペグトップデニムって?