【知っておきたい離乳食のキホン】中期の赤ちゃんの口の発達ってどんな?

【知っておきたい離乳食のキホン】中期の赤ちゃんの口の発達ってどんな?

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食中期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食中期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

離乳食中期の赤ちゃんの体の発達

離乳食中期とは生後7〜8カ月ごろが目安になります。このころの赤ちゃんは、自分で座ることができるようになってきます。お座りができるようになると、見える世界が違ってきて、赤ちゃんは活発になってきます。

 

手の動きがさらに上手になり、興味があるものに手を伸ばし、つかんで振ったり叩いたりすることができます。「ぶー」「あーあー」などの喃語も増えて、大きな声を出すこともできるようになります。また、他者の違いを分かるようになり、人見知りが出てくるのもこの時期です。

 

離乳食中期の赤ちゃんの口の発達と離乳食の形状

口の発達は左右の動きもできるようになり、モグモグの動きができるようになります。離乳食の形状は、ドロドロ、トロトロ、ヨーグルト状から少しステップアップ。2〜3mmのみじん切りにします。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「一体どこから?」勝手に家にいた娘の友達。侵入経路は… #放置子が勝手に家にいた話 10
「彼はキープってこと?」告白を保留にして1週間…答えは出るの!?/結婚相談所-夫編-
ついついやりがちだけど注意。助産師が見たちょっと困った妊婦さん
知っておくと安心!気になる赤ちゃんの言葉の発達は?サポートはどうする?