マナー違反?知っておきたい「出産内祝い」の常識

マナー違反?知っておきたい「出産内祝い」の常識

赤ちゃんが生まれると、親戚や友人からお祝いをいただきますよね。今回は、出産祝いのお返し「内祝い」のマナーを紹介します。

 

赤ちゃんが生まれると、親戚や友人からお祝いをいただきますよね。今回は、出産祝いのお返し「内祝い」のマナーを紹介します。

 

マナー1:内祝いを贈る時期

生後1〜2カ月くらい、お宮参りの時期に贈るのが一般的です。でも、そのころは赤ちゃんのお世話でいちばん大変な時期。内祝いの準備まで手が回らないこともあります。

 

できれば妊娠中に何を贈るかおおまかに決めておき、親しく付き合っている人の連絡先を整理しておきましょう。

 

マナー2:内祝いの前にお礼を

お祝いが届いたら、内祝いを贈る前にお礼を伝えるのがマナーです。親しい間柄なら電話やメールでもいいですし、上司など目上の方ならお礼状でもいいでしょう。いただいてから3日以内には済ませたいですね。

 

関連記事:

ピックアップ

「会社で出しづらい」低用量ピルを服用していることは後ろめたい? #アンサングシンデレラ #月の裏2
「も、申し訳ありません!」訪問したお客様の家で大失敗!座っていたソファーに…
「また入院やね~ん」変わらない笑顔いっぱいの姿なのに、違和感を感じてしまい…
「タカアンドトシのトシの画像が生理痛に効く!?」ウワサを検証してみたマンガ!