マナー違反?知っておきたい「出産内祝い」の常識

マナー違反?知っておきたい「出産内祝い」の常識

赤ちゃんが生まれると、親戚や友人からお祝いをいただきますよね。今回は、出産祝いのお返し「内祝い」のマナーを紹介します。

マナー3:内祝いの金額設定

内祝いの金額は、一般的にいただいたお祝いの半額〜1/3程度と言われています。つまり5,000円相当の場合は2,000〜2,500円程度、1万円相当の場合は3,000〜5,000円程度ということ。ただ、これあくまでも相場です。

 

目上の方から高額な金品をいただいたときは、半額〜1/3程度ということにこだわらず自分が出せる範囲でかまいません。また、いただいた品物の正確な金額がわからないときは、1,000〜3,000円くらいの品物を選ぶのが無難です。あまり高価なお返しをすると相手が恐縮してしまいます。

 

マナー4:相手が困るものを贈らない

内祝いの品は、相手の家族構成やライフスタイルを思い浮かべながら選びましょう。お菓子の詰め合わせ、コーヒーや紅茶のセット、タオルや洗剤などの実用品がスタンダード。お酒好きの人にはワインを贈っても喜ばれますし、たくさんのアイテムから自由に選べるカタログギフトも人気です。

 

逆に、困ってしまうのは赤ちゃんの名前や写真入りのアイテム。赤ちゃんが生まれてうれしいのはわかりますが、いただいたほうは捨てるに捨てられず扱いに困ってしまいます。どうしても名前入りのものを贈りたいときは、バームクーヘンやカステラなどのお菓子にしましょう。消耗品であれば相手の負担にもならないはずです。

 

 

内祝いで大切なのは、金額や品物そのものよりも、赤ちゃんの誕生を祝ってくれることへの「感謝の気持ち」を伝えること。新しい家族とともに末永くお付き合いをしていくための一歩として、心のこもった内祝いを贈りたいですね。(TEXT:妹尾香雪)

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

<ママ友の勧誘>「A子さんに救われたの」見知らぬ女性が突然身の上話を始めて…
<SNSトラブル>「手伝うから」パパが地雷ワード連発!ブチ切れたママは…!?
<ママ友と不倫された!?>「目的は一体…!?」非通知で電話をかけてきた不倫相手の真意とは…
<家庭内トラブル>「1週間観察をしました」カウンセラーが語った息子の状態が思いのほか深刻で…