数学を勉強する意味って? 「ロマンティック数学ナイト」主宰・堀口智之さんインタビュー

数学を勉強する意味って? 「ロマンティック数学ナイト」主宰・堀口智之さんインタビュー

「数学が苦手」「計算ができない」という人は少なくない。義務教育に組み込まれていて日本のほとんどの人が触れたことがあるはずだが、「そもそも数学とはどんな学問なのか」を説明できる人がどれだけいるだろうか。

引きこもって、好きなことだけ勉強した


堀口さんが運営している「大人のための数学教室」

――堀口さんは、子どもの頃から数学が得意だったんですか?

小学生の頃にそろばんを習っていたこともあり、計算は誰よりも早かったですね。中2の前半までは、学年でもトップクラスの成績でした。

でも突然、勉強することに虚しさを感じるようになりました。良い点数が取れることの意味が分からなくなって、やる気がなくなってしまった。なんのために勉強するんだろう? と。高校に入ってからの数学以外の成績はひどいものでした(笑)。

――当時熱中したものは何ですか?

中学生の頃はバスケ部で、毎日「誰よりも努力しよう!」という想いを持って練習していました。でもあまり上達しなくて、結局3軍どまりでしたね。センスのある人には勝てないわけですよ。才能ってあるんだな、と強く感じました。

高校時代は競歩を始めました。走ることが好きだったんですが、先輩が1,500mや5,000mなど「花形」といわれる枠にいて、競歩しか空いていなかったんです。結果として競歩で県1位の成績を残しました。競歩って、新潟県全体でも競技人口が決して多くなく、おそらく100人弱くらいで、ちょっと頑張れば1位になれる。そのころから、「ニッチな世界でやるのもアリ」という意識が芽生えたのかもしれないですね。勝てる領域でがんばればいいんだ、と。

――大学生の頃はどう過ごしていましたか?

友達もあまりいなくて、1週間ぐらい誰とも話さないような時期もありましたね。山形大学は自然豊かで、一人で考える時間も十分あったので、そういう意味では良かったんです。自分が興味のある数学、物理を深く理解することができました。その時間がなければ、友達となあなあに過ごしていたかもしれません。

疑問を持つ、好奇心をもとに学ぶ


個別指導の様子(PCを使った統計の授業)

――社会に出たあと、数学が必要となる場面って、どんなときでしょうか?

まず、就職、転職のときに必要となる試験(※)があります。社会人として生きていくために最低限必要な数学的思考や数学的能力を問われるわけです。※性格、能力診断の適性検査。SPIが有名。

社会に出ると、データと向き合うことが多くなります。売り上げがどれくらい変わったか、という話は普通に出てきますし、経理や財務の仕事では数字と向き合わざるをえません。経理で数字を1桁間違えると大変なことになりますよね。

例えば、25+18+79+……と2桁の足し算が10個あって、電卓で計算したら1,000を超えていたとします。「あれ、なんで10個なのに1,000超えるのか? おかしいな? どっかで桁がずれているんじゃないか?」と考えられるかどうか。それって数学的な力なんですよね。意外と気づけない人が多いんです。

もう一つ例を挙げてみましょう。1,000円の株価が20%上がったあと、20%下がったとします。なんとなく「あー、元に戻っちゃったか」と思いますよね。でも実は960円で、元よりも下がっているんです。この違いに気づけるかどうかが、学んだ数学を活用できているかどうかの違いです。

――数学を含め、学ぶことに悩んだりつまずいたりしている人へメッセージをお願いします。

好奇心にのっとって学んでいくことと、「なんで?」と疑問に思うことが大事です。最近Twitterで、「1+1=2が理解できなくて悩んでいる」という人がいました。「1+1がなぜ2になるのか?」というのは、数学的に見ても極めて重要な問いなんです。

りんご1個とりんご1個、それぞれ大きさも重さも形も違うのに、なぜ2個といえるのか?

そういう疑問に対して、周りの大人もちゃんと向き合うことが大切です。もしわからないことがあれば、先生や答えられる人に会いにいったり、専門分野の本を読んだりすればいい。好奇心をもとに学んでいくことを大切にして欲しいですね。

関連記事:

配信元

クリスクぷらす
クリスクぷらす
「多様な生き方」を伝えるウェブメディア。人間関係の悩みや発達障害、うつ、引きこもり、LGBT、学歴、職業、生き方など、幅広いテーマを取り扱います。
「多様な生き方」を伝えるウェブメディア。人間関係の悩みや発達障害、うつ、引きこもり、LGBT、学歴、職業、生き方など、幅広いテーマを取り扱います。

ピックアップ

ゲームディレクターになるには? 「スパイク・チュンソフト」打越鋼太郎さんインタビュー
どうしたらもっと生きやすい社会になる? 「不登校とマイノリティ」イベントレポート
気になる“よその家の子育て” ~娘がグラミー賞を受賞した永谷家の場合~
どうすれば能楽師になれる?  川口晃平さんが伝統芸能の世界に飛び込んだワケ