「こうのとりのゆりかご」開設から10年。助産師として思うこと

「こうのとりのゆりかご」開設から10年。助産師として思うこと

こんにちは。助産師のREIKOです。先日、こうのとりのゆりかご(いわゆる赤ちゃんポスト)が設置されて10年というニュースがありました。

こんにちは。助産師のREIKOです。先日、こうのとりのゆりかご(いわゆる赤ちゃんポスト)が設置されて10年というニュースがありました。

赤ちゃんポストの記事を読む 

 

このニュースを聞いて、救われた命のこと、受け入れる病院のスタッフのこと、そのほかいろいろ考えることがありました。

 

相談の8割が「妊娠、避妊」「思いがけない妊娠」に関すること

慈恵病院では赤ちゃんポストの取り組みがクローズアップされがちですが、それ以外にも電話相談「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」​という取り組みをしています。熊本市の発表によると、昨年度の相談件数は過去最高、赤ちゃんポストの運用が始まった当初に比べて約13倍にもなっているそうです。

 

「SOS赤ちゃんとお母さんの妊娠相談」​に寄せられる相談の多くは、「妊娠、避妊」「思いがけない妊娠」に関する相談が8割を占めていました。相談者の年齢も20代が最も多く、次いで10代が多かったそうです。そして、10代の相談のうち、15歳未満が43件あったとのこと。相談者全体の約4割が未婚でした。

 

高齢妊娠だけでなく10代の妊娠も……

15歳以下ともなるとまだ生殖器の発達が未成熟のため、妊娠やお産の経過でも異常をきたしやすいといわれています。若くして妊娠するケースは、思いもよらない妊娠のことが多く、経済的にも余裕がなかったり、誰にも相談できないといった理由から、妊婦健診を一度も受けないという方も多いです。

 

そのため、一定の年齢の定義はないものの、ハイリスク妊娠の基準として、「18歳未満」としている産院が多く、日本産婦人科学会では20歳未満を思春期妊娠として定義しています。

 

関連記事:

ピックアップ

「一方的に離婚を突きつけるなんて!」顔面蒼白の夫…妻が怒鳴り声を無視したワケは? #僕と帰ってこない妻 102
「え、嘘でしょ?!」わが子の名前を発表したらまさかの反応が…【ママならぬ日々35】
「早く行っておいで!」友だちが神すぎる!教室の椅子に血が漏れてしまった私に…
妊娠中に調べておいてよかった!出産後に役立った育児にまつわる情報3つ【ママの体験談】