妊娠中に注意したい家事のポイントとは?

妊娠中に注意したい家事のポイントとは?

妊娠中はこれまでのように家事をこなすだけでもひと苦労。洗濯ひとつとっても、自分の体が思うように動かなかったり、おなかの中の赤ちゃんの様子が気になったりとなにかと神経を使ってしまいます。そこで、妊娠中の家事で気を付けておきたい、注意すべきポイントをご紹介します。

 

妊娠中はこれまでのように家事をこなすだけでもひと苦労。洗濯ひとつとっても、自分の体が思うように動かなかったり、おなかの中の赤ちゃんの様子が気になったりとなにかと神経を使ってしまいます。そこで、妊娠中の家事で気を付けておきたい、注意すべきポイントをご紹介します。

 

妊娠すると思うように体が動かない?

妊娠中に気を付けたいことのひとつが転倒です。ふだんの何気ない行動でも、おなかが大きいとバランスを崩しやすいので注意が必要です。妊娠初期はまだおなかのふくらみがほとんどないとはいえ、やはりじゅうぶんに気を付けましょう。ママの体調も、おなかの中の赤ちゃんも、まだまだ安定していないこの時期。転倒によるおなかの赤ちゃんへの影響も大きくなります。

 

そんな妊婦さんがとくに用心したい家事のひとつがお風呂そうじです。水で濡れたタイルで足を滑らせたり、浴槽そうじでお腹に負担がかかる体勢をとってしまうことも。また、お風呂そうじ以外にも、高いところの物を取ろうとイスや台に上がって作業をするときも注意しましょう。バランスを崩しやすいので、やむをえない場合は細心の注意を払っておこない、できればパートナーの助けを借りるようにしましょう。

 

意外に負担になる洗濯!楽にするコツは?

ほとんどの方が日課としておこなっている洗濯。濡れて重くなった洗濯物を運んだり、高いところに手を伸ばして干したり取り込んだり……。妊娠中の体にはかなりの負担になりますよね。この負担を軽減させる、いくつかの対策があります。

 

1つ目は、洗濯物を干す物干しの位置を低くすること。高い場所に物干しがある場合は、S字型フックなどを利用して物干し竿の位置を下げたり、室内の干しやすい高さに突っ張り棒をかけて特設の物干しを作りましょう。少しでも位置が低くなるだけで、無理な体制にならずに洗濯物を干すことができます。

 

もう1つは、洗濯物自体の量を減らすこと。たとえば大きなバスタオルは小さめのフェイスタオルに替え、下着などの小物類はお風呂に入ったついでに洗濯板とせっけんでサッと手洗いする。ちょっとした工夫で負担を軽減することができるので、改善できるところがないか、この機会に見直してみましょう!

 

関連記事:

ピックアップ

「借金とかって…ある?」単刀直入に質問!しどろもどろになりながら…/結婚相談所-入籍編-
「見られてたー!」娘とのごっこ遊びで通報されてたかもしれない話【ベランダ事故】
「今まで知らなかった!」助産師が教えるよく食べる子になる3つのコツとは
「今日も寝ない…」終わらない夜泣きに絶望…異変に気づいた園の先生がかけてくれた言葉とは