グズっても大丈夫!赤ちゃんの好きな抱っこの仕方

グズっても大丈夫!赤ちゃんの好きな抱っこの仕方

生まれたての赤ちゃんを抱っこすることを早期母子接触といいます。赤ちゃんとママの肌が触れ合うことで母乳の分泌を促し、母子の絆が深まるといわれています。抱っこをして触れ合うことは親子にとって大切なことなんですね。抱っこにはいろいろなパターンがあるので、赤ちゃんのお気に入りの抱き方を見つけましょう!

抱っこの強い味方!抱っこひもの使い方

外出や家事の時などにも活躍してくれるのが抱っこひも。抱っこひもには横抱っこ型・縦抱っこ型・おんぶ型などのタイプがあります。

 

横抱っこ型は新生児から、首がすわる7カ月ぐらいまでが使用の目安。首から斜め掛けをするので、安定した状態で赤ちゃんを抱っこできます。縦抱っこ型は、赤ちゃんの首がすわる時期が使い始めの目安。赤ちゃんとママが顔を合わせられることが最大のメリットで、火を使う料理以外の簡単な家事ができるのも魅力です。おんぶ型も首がすわる時期から使用できます。背中全体で支えるので、ママへの負担が少ないのがそのメリット。

 

近年では、3つの型すべてを1つの抱っこひもでできる多機能タイプの抱っこひもも販売されています。赤ちゃんの好みやママの生活スタイルに合わせて取り入れてみてくださいね。

 

 

ママに抱っこされている時間は、赤ちゃんにとって至福のひと時。ママにとっても赤ちゃんとスキンシップができるとっても幸せな時間です。抱きグセなんて気にしないで、いっぱい抱っこして赤ちゃんの心を豊かにしてあげましょう。そのためにも、疲れない抱っこのコツをぜひマスターしてくださいね!(TEXT:津田 玲)

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「デカい子どもかよ!」ダンマリ夫の頭の中は想像以上にひどくて…#ワーママワンオペ奮闘記9
「なんで強がっていたんだろう」理想の母親像を目指してノイローゼ気味になっていた私を救ったのは…
「あと少しだったのに」早産で涙するママに義母が笑顔で放った言葉の意味に絶句…
まさかの切迫流産を乗り越えて職場に戻ると、先輩からするどい質問が…! #社会復帰どーすんの? 1