低月齢ほど重症化傾向!5月ごろから増加する紫外線に要注意

低月齢ほど重症化傾向!5月ごろから増加する紫外線に要注意

紫外線が気になる季節がやってきましたね。夏は肌の露出が多いうえ、お出かけの機会が増えます。そのため紫外線を浴びて日焼けをしてしまう結果に。とくに低月齢ほど日焼けをしやすいので注意です!今回は、わが家の体験を交え、赤ちゃんの日焼けについて知っておきたいことをお伝えします。

 

紫外線が気になる季節がやってきましたね。夏は肌の露出が多いうえ、お出かけの機会が増えます。そのため紫外線を浴びて日焼けをしてしまう結果に。とくに低月齢ほど日焼けをしやすいので注意です!今回は、わが家の体験を交え、赤ちゃんの日焼けについて知っておきたいことをお伝えします。

 

紫外線は5月ごろから急激に増加!

ママ自身も気になる紫外線。ご存知の方も多いと思いますが、紫外線は5月ごろから急激に増加するといわれています。7~8月にかけてピークを迎えて、10月ごろまで降り注ぎます。もちろん年じゅう紫外線対策は必要ですが、この半年間はとくに気を付ける必要がありますよね。

 

とくに夏は、親子ともに肌の露出が多くなり、お出かけをする機会も増えます。自然と紫外線を浴びるリスクが増えているんです。

 

赤ちゃんは紫外線への防御力が弱い

わが子が生後2カ月のとき、真っ赤に日焼けをさせたことがありました。「天気はくもりだから大丈夫だろう」と甘くみていたのが原因でした。

 

忘れてはならないのが、くもりでも紫外線は降り注いでいるということです。そして、赤ちゃんは大人と比べてメラニン色素が少なく、紫外線への防御力が弱いそうです。よって少し紫外線に当たっただけで皮膚が赤くなり、ヒリヒリ痛むことを体験を通じて学びました。

 

関連記事:

ピックアップ

新生児期のお世話、パパにも出番がたくさん!助産師がおすすめするパパが活躍できる育児ベスト3とは
「もう私のこと好きじゃない?」泣きながら彼氏に気持ちを伝えたら… #さく坊馴れ初め 28
「浮気したとか?」ママ友に疑惑をかけられた夫。妻とうまくいかない原因は一体? #僕と帰ってこない妻 105
え、病気!?赤ちゃんの歯茎に小さな白いブツブツが!病院を受診すると?