妊娠が確定したら、母子手帳をもらいに行きましょう!

妊娠が確定したら、母子手帳をもらいに行きましょう!

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。産院で妊娠の診断が確定すると、母子手帳をもらってくるように説明があります。今回は、この母子手帳についてお話ししたいと思います。

 

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。産院で妊娠の診断が確定すると、母子手帳をもらってくるように説明があります。今回は、この母子手帳についてお話ししたいと思います。

 

母子手帳とは?

母子手帳は、正式には「母子健康手帳」といいます。厚生労働省の資料によると、母子手帳の歴史は、1942年の「妊産婦手帳」から始まり、1948年に「母子手帳」、そして1965年「母子健康手帳」と名称を変え、現在に至っています。

 

実は日本発祥の母子手帳、現在では海外でも導入されてきているんですよ。また、日本でも母子手帳を補完するツールとして、「電子母子手帳」を導入する自治体も出てきています。

 

母子手帳のもらい方【持ち物は?】

妊娠が確定したら、市町村長に妊娠の届出をしなければなりません。そして、市町村は、妊娠の届出をした者に対して、母子手帳を交付しなければならないとされています。これはきちんと法律で定められていることなんですよ。

 

母子手帳を交付してもらうためには、「妊娠届出書」が必要になります。妊娠届出書は、産院で発行してもらえるところもありますが、役所の窓口にあったり、自治体のHPからダウンロードできたりします。

 

そのほかに必要なものについては、最近ではマイナンバーなど、届け出る自治体によって異なるので確認しておくと安心です。

 

関連記事:

ピックアップ

<金銭トラブル>「え、持ち逃げ…?」保険を見直しただけなのに…まさかの衝撃の展開に愕然
「かわいそうな自分アピールしないでくれる?」夫にスクールカウンセラーの話をしたらまさかの…
<ママ友と不倫された!?>「このまま逃げ切る可能性もあるな」逃亡した不倫相手を必死で探したら
<SNSトラブル>「もう後に引けない…」家族よりSNS!ママが爆買いしたら、恐ろしい事に…!?