妊娠が確定したら、母子手帳をもらいに行きましょう!

妊娠が確定したら、母子手帳をもらいに行きましょう!

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。産院で妊娠の診断が確定すると、母子手帳をもらってくるように説明があります。今回は、この母子手帳についてお話ししたいと思います。

 

ベビーカレンダーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。産院で妊娠の診断が確定すると、母子手帳をもらってくるように説明があります。今回は、この母子手帳についてお話ししたいと思います。

 

母子手帳とは?

母子手帳は、正式には「母子健康手帳」といいます。厚生労働省の資料によると、母子手帳の歴史は、1942年の「妊産婦手帳」から始まり、1948年に「母子手帳」、そして1965年「母子健康手帳」と名称を変え、現在に至っています。

 

実は日本発祥の母子手帳、現在では海外でも導入されてきているんですよ。また、日本でも母子手帳を補完するツールとして、「電子母子手帳」を導入する自治体も出てきています。

 

母子手帳のもらい方【持ち物は?】

妊娠が確定したら、市町村長に妊娠の届出をしなければなりません。そして、市町村は、妊娠の届出をした者に対して、母子手帳を交付しなければならないとされています。これはきちんと法律で定められていることなんですよ。

 

母子手帳を交付してもらうためには、「妊娠届出書」が必要になります。妊娠届出書は、産院で発行してもらえるところもありますが、役所の窓口にあったり、自治体のHPからダウンロードできたりします。

 

そのほかに必要なものについては、最近ではマイナンバーなど、届け出る自治体によって異なるので確認しておくと安心です。

 

関連記事:

ピックアップ

「え、嘘でしょ?!」わが子の名前を発表したらまさかの反応が…【ママならぬ日々35】
「早く行っておいで!」友だちが神すぎる!教室の椅子に血が漏れてしまった私に…
妊娠中に調べておいてよかった!出産後に役立った育児にまつわる情報3つ【ママの体験談】
「そんなに急がなくても」結婚を渋る私に、彼が放った衝撃の言葉とは!?