【知っておきたい離乳食のキホン】完了期の赤ちゃんの口の発達って?

【知っておきたい離乳食のキホン】完了期の赤ちゃんの口の発達って?

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

離乳食完了期の赤ちゃんの体の発達

離乳食完了期といえば、1歳~1歳半ごろです。このころの赤ちゃんは、つかまり立ち、伝い歩きができるようになり、じょじょにひとりで歩くようになります。また「まんま」「ぶーぶ」など、意味のある発語も始めます。赤ちゃんとお話しできる楽しさが増す時期でもありますね。

 

離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達と離乳食の形状

離乳食完了期の赤ちゃんのお口は、大人並みに自由動かすことができるようになります。歯も奥歯が生えてきます。

 

食べ物の大きさは、1cm程度。ご飯は軟飯~普通飯を食べられるようになります。かなり形のあるものを食べられるようになってきます。ただ、まだまだ咀嚼力は未熟ですので、やわらかく煮ることは引き続き、続けてあげてください。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「しくじった!」話題の月経カップ初体験!セレクトミスで見事に漏れた…
ママ友の子どもを預かることに…そんな時に気を付けたことと反省点とは?
「まずは私から見せるか…」聞くなら今のうち?勇気を出していざ…!/結婚相談所-入籍編-
「まだ歩けないの〜?」周りの声にイライラ加速。からのまさかの事態にあ然!?【ママならぬ日々163話】