【知っておきたい離乳食のキホン】完了期の赤ちゃんの口の発達って?

【知っておきたい離乳食のキホン】完了期の赤ちゃんの口の発達って?

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食には、その時期ごとに食べられる食材の種類や固さや大きさの目安があります。今日は離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達から見る、離乳食の進め方についてお話しします。

 

離乳食完了期の赤ちゃんの体の発達

離乳食完了期といえば、1歳~1歳半ごろです。このころの赤ちゃんは、つかまり立ち、伝い歩きができるようになり、じょじょにひとりで歩くようになります。また「まんま」「ぶーぶ」など、意味のある発語も始めます。赤ちゃんとお話しできる楽しさが増す時期でもありますね。

 

離乳食完了期の赤ちゃんの口の発達と離乳食の形状

離乳食完了期の赤ちゃんのお口は、大人並みに自由動かすことができるようになります。歯も奥歯が生えてきます。

 

食べ物の大きさは、1cm程度。ご飯は軟飯~普通飯を食べられるようになります。かなり形のあるものを食べられるようになってきます。ただ、まだまだ咀嚼力は未熟ですので、やわらかく煮ることは引き続き、続けてあげてください。

 

 

関連記事:

ピックアップ

<産後ヤバイ話>「今汚いからあとにして」感動の初対面かと思ったら!夫の予想外の反応とは?!
<ヤバ過ぎる義父>鳴り響く救急車。意識が戻り、目を開けるとそこは…!?
「子どもを育てるなんて…怖い」複雑な過去、夫との未来。迷った私は…
「怒らせないほうがいい…」義母の本性が日に日に露わに…!思いもよらぬトラブルに巻き込まれ