ママの負担減!状況に合わせておむつを選ぼう

ママの負担減!状況に合わせておむつを選ぼう

赤ちゃんがいやがっておむつが交換できない、赤ちゃんが動き回ってすぐに漏れてしまうなど、おむつにストレスに感じるママも多いのではないでしょうか?おむつがはずれる時期までわずか数年。それでもママの負担は大きいものですよね。そんなときはおむつを見直すのもひとつの手です。赤ちゃんの状況に合わせたおむつ選びで、この時期を乗り越えてくださいね!

状況に合わせて柔軟におむつを選ぼう!

赤ちゃんが立った状態でおむつを替えたくても、どうしても思うように立ち上がってくれないときがあります。そんなときは、座ったままでも替えられるテープタイプがいいでしょう。新しいおむつを床に広げて、片手で抱っこしながら汚れたおむつを外します。外れたら新しいおむつの上に座らせて、最後はピタッとテープを装着して完了!

 

テープとパンツ、履かせるにあたって、それぞれに長所があります。テープからパンツタイプへの切り替え時期には、両タイプとも用意しておけば、赤ちゃんの状況に合わせて楽に交換することができます。赤ちゃんが1歳を過ぎて、つかまって片足立ちができるようになったら、パンツタイプで立ったまま履かせる方がかんたんですよ。

 

 

時期によっておむつを選ぶのではなく、赤ちゃんの体形や状況に合わせて使い分ければ、めんどうなおむつ交換も楽に!最近ではSサイズのパンツタイプも多く販売されています。月齢が低くてもバタバタと足を動かすようなら、パッと履かせることができるパンツにチェンジ。反対に、おむつ替えのときにじっとしてくれている赤ちゃんなら、1枚当たりの値段が安いテープタイプでもいいでしょう。ママの負担を少しでも減らして、子育てを楽しみましょうね。(TEXT:佐藤 真由美)

 

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

パシャッ!一瞬、時が止まった。自宅のトイレで…どうする!? #まさかのタクシー出産 2
義母が孫の写真を勝手に!?ネットリテラシー皆無の義母がスマホに替え暴走!
「他人となんて暮らせない」そんな私がまさかの結婚をしちゃったら!?
お気に入りの靴を購入できた!プロに聞いたファーストシューズの選び方