どうしたらいい?赤ちゃんの上手なほめ方としかり方

どうしたらいい?赤ちゃんの上手なほめ方としかり方

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。「言葉のわからない赤ちゃんって、どうやってほめたりしかったらいいの?」と戸惑っているママもたくさんいると思います。今回は赤ちゃんへのほめ方としかり方についてお伝えいたしますね。

 

赤ちゃんは感じ取る力を持っています

言葉があまりわからないからといって、赤ちゃんは何もわからないわけではないのです。たとえば、ママの表情や仕草、そして声のトーンなどから「あ~、ママうれしそう♪」「ん?なんだかいつもと違うぞ」といった感じで、ママの気持ちを感じ取っています。

 

ですので、わからないからと思い込んでしまわずに、どんどん言葉で伝えるようにしてくださいね。

 

いったいどんな風にほめたらいいの?

ミルクをいっぱい飲んだり、離乳食をいっぱい食べたら「いっぱい飲んだね。モリモリ食べたね」と声をかけましょう。おしっこやうんちをしたら「おしっこいっぱい出たね」「いいうんちが出たね」などと声をかけてあげましょう。

 

ポイントとしては「食べた、飲んだ、出た」というような行動を認め、そこに「すごいね、嬉しいな、やったね」などのママの気持ちも一緒に伝えてあげるといいでしょう。ママが喜んでいると赤ちゃんもハッピーな気持ちになり、ほめられたと感じ、その行動を好んで行うようになります。

 

関連記事:

ピックアップ

「どうしよう…」最悪の事態に震える!想定外の報告とは…?
「なにこのシチュエーション…」1時間かけて会いに来た彼の姿は… #さく坊馴れ初め 24
「え?なんで離婚届が…」妻に会話さえ拒否された夫。翌朝、まさかの展開が! #僕と帰ってこない妻 101
「イラッ…」名づけ後、義祖母が勝手に…!思わず白目になった件【ママならぬ日々34】