どうしたらいい?赤ちゃんの上手なほめ方としかり方

どうしたらいい?赤ちゃんの上手なほめ方としかり方

表情や仕草そして声のトーンもポイント

言葉だけではなく、ママの表情や仕草、声のトーンからも赤ちゃんは多くのことを受けとります。伝えたいことがある時には、ママの気持ちにあった表情や仕草、声のトーンで伝えましょう。

 

ほめる時には明るくにこやかに、そして両手で○マークをつくりながら伝えること。一方、いたずらや危ないことをした時には神妙な表情で声のトーンも低めにし、両手で×マークをつくりながら伝えるといいでしょう。

 

 

ほめたりしかったりするときには、離れた場所からではなく、お子さんの近くに行くことがポイント。ときには抱上げたり、ハイタッチをしたりしながらほめ、しかるときには抱きしめ、手をそっと握りながら、お子さんの気持ちも受け止めつつ伝えるといいですね。

 

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里友子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

「いいパパとかいわれてムカつく」言えない夫への本音、そして…… #夫にキレる私をとめられない 11
「やっぱり閉経してるの?」血液検査の結果を聞きに行ったら…/閉経かも?#11
「味方でいてほしいの」あの日、義母のお願いに生返事した。まさかこんなことになるなんて… #僕と帰ってこない妻 53
上の子を幼稚園、下の子を保育園に入れて働き始めた結果…!?【ママの体験談】