生クリームって赤ちゃんはいつから食べられるの?

生クリームって赤ちゃんはいつから食べられるの?

1歳の誕生日が近付くと、生クリームたっぷりのケーキで赤ちゃんの誕生日をお祝いしたいと考えるパパやママたちも多くなりますね。大人にとっては生クリームたっぷりのケーキはおいしいと感じますが、赤ちゃんはいつごろから食べることができるのでしょうか?

 

1歳の誕生日が近付くと、生クリームたっぷりのケーキで赤ちゃんの誕生日をお祝いしたいと考えるパパやママたちも多くなりますね。大人にとっては生クリームたっぷりのケーキはおいしいと感じますが、赤ちゃんはいつごろから食べることができるのでしょうか?

 

赤ちゃんは生クリームが食べられる?

生クリームには、動物性と植物性の2種類があります。動物性の生クリームの原料は牛乳。植物性の生クリームは、植物性の油脂などからできています。

 

動物性の生クリームには、赤ちゃんにとって消化吸収のいい乳脂肪分がたっぷり含まれています。スープなどに入れるとクリーミーで風味がよくなりますが、牛乳と同じように生クリームをたっぷり使った料理を赤ちゃんに食べさせるのはNG!

 

乳脂肪分が多いため、バターと同じような油脂類として料理に使うこと。赤ちゃんが食べる離乳食には、少量なら生クリームを加えることができます。

 

いつから生クリームが食べられる?

動物性の生クリームは、牛乳のアレルギーがなければ、モグモグ期(7〜8カ月)ごろから食べることができます。スープや和え物のコク出しとして、少量からスタートしましょう。

 

一方、植物性の生クリームには、さまざまな油脂類や添加物が含まれています。離乳食を食べている期間中、赤ちゃんが食べる必要はありません。

 

関連記事:

ピックアップ

「デカい子どもかよ!」ダンマリ夫の頭の中は想像以上にひどくて…#ワーママワンオペ奮闘記9
「なんで強がっていたんだろう」理想の母親像を目指してノイローゼ気味になっていた私を救ったのは…
「あと少しだったのに」早産で涙するママに義母が笑顔で放った言葉の意味に絶句…
まさかの切迫流産を乗り越えて職場に戻ると、先輩からするどい質問が…! #社会復帰どーすんの? 1