知っておきたい!2017年6月から値上げする商品やサービス

知っておきたい!2017年6月から値上げする商品やサービス

商品やサービスの値段は、毎月いずれかの分野で上がったり下がったりします。例年1月または4月が多いのですが、2017年は6月に値上げする商品やサービスが少なくありません。気付かずに値段が上がっていたということがないように、今年の6月に値上げした主なものやサービスをお伝えします。

 

商品やサービスの値段は、毎月いずれかの分野で上がったり下がったりします。例年1月または4月が多いのですが、2017年は6月に値上げする商品やサービスが少なくありません。気付かずに値段が上がっていたということがないように、今年の6月に値上げした主なものやサービスをお伝えします。

 

1.はがきと一部定形外郵便の値上げ

6月1日からはがきの料金が52円から62円になります。なお、来年の年賀はがきは52円に据え置かれます。また、定形外で規格(長辺34cm×短辺25cm×厚さ3cm)を超える郵便物の料金が重さごとに設定され、規格外の料金は値上げとなります。

 

例えば、100g以内の郵便物で上記の規格内の大きさであれば、料金据え置きの140円ですが、同じ100g以内でも規格を超える大きさの場合は220円となります。詳細は、日本郵便のホームページをご確認ください。

 

日本郵便HP

http://www.post.japanpost.jp/service/fee_change/

 

2.お酒(とくにビール・発泡酒・第3のビールが対象)の値上げ

3月31日に国税庁から「酒類の公正な取引に関する基準」が告示され、6月1日から“正当な理由なく、酒類を総販売原価を下回る価格で継続して販売すること”が禁止されます。

 

かんたんにいうと、お酒を原価割れの安売りすることが禁止となります。とくにビール・発泡酒・第3のビールは、目玉商品として原価割れで売られていることがあるため、実質値上げとなるお店が多くあります。1缶数円から10円程度が想定されていますが、今後の国税庁の取り締まり(違反するお店は酒類販売免許の取り消しの可能性も)次第でさらに値段が変わりそうです。

 

 

関連記事:

ピックアップ

3年間で133.2万円も?幼児教育・保育の無償化の概要と注意点をおさらい
話がかみ合わないパパにイライラ!質問の仕方を変えると変化が見られて…
太ももがひんやり…ってまさか!?職場復帰で大失態!産後の油断が招いた悲劇
ほとんど使わずお蔵入りに… わが家では不要だったベビーグッズ3選!【ママの体験談】