もうみんなやってる?時短で産後ダイエットにもぴったりなとりわけ離乳食

もうみんなやってる?時短で産後ダイエットにもぴったりなとりわけ離乳食

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食のお悩みの中でも多いのが「毎日のメニューを考えるの大変」ということ。特に、離乳食が進み、2回食・3回食になってくるとその悩みは多くなります。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食のお悩みの中でも多いのが「毎日のメニューを考えるの大変」ということ。特に、離乳食が進み、2回食・3回食になってくるとその悩みは多くなります。

 

なんだか毎日同じメニューになってる?離乳食がマンネリになってる?大人と別々のものを考えるのが大変!そんなときにはとりわけ離乳食にすれば、大人のメニューから取り分けるだけでカンタン。今日はとりわけ離乳食の魅力をお伝えします。

 

取り分け離乳食の5つの魅力

1.大人と同じ食材でできる

大人のメニューを基本にするので、大人メニューに使う食材を赤ちゃんにも使えて経済的です。

 

2.途中まで大人と同じ鍋で調理ができる

大人鍋でまずは味つけ前まで調理をし、赤ちゃんの食べられる食材を取り分けるので、途中まで大人料理と一緒に調理ができます。

 

3.時短になる

途中まで、大人と同じ鍋で調理ができるということは時短になります。

 

4.産後ダイエットにぴったりなヘルシー食になる

大人メニューを考えるとき、いつの間にか自然と赤ちゃんも一緒に食べられるメニューを意識します。そうすると、揚げ物ではなく煮物にしようかななど、大人のメニューもいつの間にかヘルシーになります。授乳中でも安心な産後ダイエットにもぴったりな食事に。

 

5.大人と赤ちゃんが一緒のメニューを食べられる

大人のメニューからのとりわけなので、赤ちゃんも味つけや形状は少々違いながらも、大人と一緒のメニューを食べられます。「ママと一緒のものを食べている」そう思えることが、赤ちゃんの食べる意欲をさらにアップさせてくれます。

 

 

取り分けやすいおすすめメニューとポイント

とりわけしやすいのは下記のようなメニュー

 

・汁物 ・・・ みそ汁、スープ、シチューなど

・煮物 ・・・ 野菜煮物 魚煮物など

・焼き物、蒸し物 ・・・ 焼き魚、ホイル焼き(蒸し)など

 

ポイントは、味つけと食材の形状、軟らかさが大人と同じではないということ。赤ちゃんの発達に合わせて調理してくださいね。

 

関連記事:

ピックアップ

「彼なら私のすべてを…!?」蘇る苦い思い出。彼は違うと信じたい!/結婚相談所-夫編-
息子のネガティブ発言に疲弊。対処法を編み出し、見えてきたこととは…
「このまま入院してください」ただの生理痛だと思っていたら…一大事に!
「おもちゃはいらない」で後悔!?長女と次女の違いで気づいたこととは…