飲ませすぎに注意! イオン飲料による子どもへの影響

飲ませすぎに注意! イオン飲料による子どもへの影響

こんにちは! 助産師のREIKOです。日に日に気温が上がってきて、大人も子どもも水分補給に注意しなければならない季節になってきましたね。お子さんの水分補給にイオン飲料を飲ませているママもいらっしゃるかと思います。

 

こんにちは! 助産師のREIKOです。日に日に気温が上がってきて、大人も子どもも水分補給に注意しなければならない季節になってきましたね。お子さんの水分補給にイオン飲料を飲ませているママもいらっしゃるかと思います。

 

しかし、先日、日本小児科学会、日本小児保健協会、日本小児科医会、日本小児期外科系関連学会協議会の4団体からなる日本小児医療保健協議会(四者協)より、イオン飲料に関する報告がなされました。

 

日本小児医療保健協議会(四者協)の報告とは?

日本小児医療保健協議会(四者協)によると、イオン飲料やスポーツドリンクなどを多量に飲み続け、健康状態が悪化した乳幼児の報告が、昨年までの10年間で少なくとも24例、31年で33例あったとのこと。

 

また、1986年以降、7カ月~2歳11カ月の33人がビタミンB1不足のため、意識障害や浮腫などを起こし、1人が死亡していました。そして、33人のうち24人は2007年以降の報告だったそうです。

 

そもそもイオン飲料ってなに?

イオン飲料というのは、ナトリウムやカリウムなどの電解質を含む飲み物のことで、成分によってスポーツドリンク、経口補水液とよばれることも。

 

イオン飲料には、電解質のほかに糖分が含まれているのですが、この糖分をエネルギーに変えるためにはビタミンB1が必要になります。しかし、イオン飲料にはビタミンB1が含まれていないのです。

 

関連記事:

ピックアップ

「気持ちはわかるけど…」助産師が明かす!出産時にちょっと困ったパパの行動とは!?
〈国際結婚〉「同居とかって…」実家訪問で急に義母に不安が募って!?
<夫婦で育休>過ぎ去って実感する育児期間の尊さ!ママとパパがそう思うのには理由があって
<陰キャ女子と陽キャ男子>「マジでお願い」そっちが本音?仕事終わり彼から呼び出され…