飲ませすぎに注意! イオン飲料による子どもへの影響

飲ませすぎに注意! イオン飲料による子どもへの影響

こんにちは! 助産師のREIKOです。日に日に気温が上がってきて、大人も子どもも水分補給に注意しなければならない季節になってきましたね。お子さんの水分補給にイオン飲料を飲ませているママもいらっしゃるかと思います。

イオン飲料を飲みすぎると……

離乳食やミルクなどからビタミンB1を摂らずに、イオン飲料を飲み続けていると、「ビタミンB1欠乏症」になってしまいます。ビタミンB1欠乏症によって引き起こされる病気には、「ウェルニッケ脳症」と「脚気」があります。

 

ウェルニッケ脳症の症状は、意識障害、目の動きの異常、思ったように体が動かせなくなる、などがあります。また、脚気の症状として、倦怠感、食欲不振、むくみなどがあり、悪化すると心不全を起こしてしまうことも。

 

そのほかにも、虫歯や生活習慣病との関連もあるため、イオン飲料を飲ませるタイミングと量には注意が必要です。

 

イオン飲料を飲ませるタイミングと量は?

現在、さまざまなイオン飲料が市販されていますが、大人用のイオン飲料をうすめてお子さんに飲ませるのはNG! 必ずお子さんの月齢・年齢に合ったものを選びましょう。

 

飲ませるタイミングとしては、「汗をたくさんかいたとき」や「胃腸炎などで下痢や嘔吐が続いているとき」。少しずつこまめに飲ませるようにしましょう。大塚製薬によると、乳幼児が飲むイオン飲料の目安は、「1日の水分摂取量の20%未満に抑えるように」とのこと。また、ピジョンでも「1日200mlまでを目安に」と伝えています。

 

 

正しく使えば、ママの強い味方になってくれるイオン飲料。何ごとも適量が大切ということですね。

 

著者:助産師 REIKO

医療短期大学専攻科卒業後、大学附属病院NICU・産婦人科病棟勤務、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。

 

関連記事:

配信元

クックパッドベビー
クックパッドベビー
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪
クックパッドベビーは妊娠・出産・育児の情報サイトです。離乳食レシピはもちろん、専門医が監修した記事や話題のニュースを毎日配信しています!月間利用者100万人以上。ぜひご利用ください♪

ピックアップ

19歳で妊娠。報告するも彼の親は猛反対!「子どもを諦めろ」と言われ…
「ちょっと異常かも」今までにない出血量にパニック!人生初の産婦人科で言われたのは…
【業務スーパー】大人気!激うま「神食パン」を憧れの厚切りで楽しむワザ4つ
「幸せになれると…」焦って結婚して大後悔!?入籍日から地獄が始まった…