本当に学校に行かないといけないの? 教育基本法や「自宅学習」について調査してみた

本当に学校に行かないといけないの? 教育基本法や「自宅学習」について調査してみた

日本では、小学校入学から中学校卒業までの9年間が義務教育期間と定められている。

しかし、アニメや小説など物語の世界で、お金持ちらしい登場人物が自宅で家庭教師のもと勉強し、学校には通っていなかったり、島に住む主人公が普段は自宅で勉強し、たまに船で学校に行ったりする場面を見たことがある。あれは外国だからOKなのか? 不登校とは違うのか?

気になる「自宅学習」を調査するとともに、改めて教育制度や勉強について考えてみた。
 

義務教育は「保護者が子どもに教育を受けさせる義務」

日本の義務教育は、1872年に発された「学制」が原点だ。いくつかの段階を経て、現在は憲法と、1947年に公布された教育基本法で「国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う」(第4条)と定められている。

注目したいのは、「保護者が教育を受けさせる義務」であって、「子どもが教育を受けなければならない義務」ではないこと。子どもが教育を受けることは、義務ではなく権利なのだ。
 

義務教育と就学

学校に通う「就学」については、「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う」(学校教育法第17条第1項)、また「子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う」(同条第2項)と定められている。

ちなみに文部科学省は、インターナショナルスクールやフリースクールなどへの就学については「就学義務を履行していることにはならない」としている。自宅で教育を受ける「自宅学習」についても同様であろう。

▼小・中学校への就学について(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shugaku/
 

関連記事:

ピックアップ

ゲームディレクターになるには? 「スパイク・チュンソフト」打越鋼太郎さんインタビュー
どうしたらもっと生きやすい社会になる? 「不登校とマイノリティ」イベントレポート
気になる“よその家の子育て” ~娘がグラミー賞を受賞した永谷家の場合~
どうすれば能楽師になれる?  川口晃平さんが伝統芸能の世界に飛び込んだワケ