【待機児童問題】政府が目標を3年先送りに

【待機児童問題】政府が目標を3年先送りに

子育てや育児の記事を読もうとニュースなどを検索すると、必ずと言っていいほど出てくる待機児童問題の記事。内容は、「待機児童が○○人!去年より増加」と言ったように、待機児童の人数であったり、新しい取り組み内容であったりとさまざまではありますが、あまり進んでいないという現状を把握する記事が大半を占めています。

 

子育てや育児の記事を読もうとニュースなどを検索すると、必ずと言っていいほど出てくる待機児童問題の記事。内容は、「待機児童が○○人!去年より増加」と言ったように、待機児童の人数であったり、新しい取り組み内容であったりとさまざまではありますが、あまり進んでいないという現状を把握する記事が大半を占めています。

 

政府の目標と現状

安倍晋三首相は、待機児童の解消を「2017年度末まで」と目標を掲げていましたが、今年の5月に、年次を3年間先送りし、「2020年度末まで」に変更しました。
 
4年前に策定した計画に基づいて、新たに約40万人分の受け皿を整備したものの、待機児童数は15年以降、2万3,000人台で推移している状態です。

 

なぜ減らない?待機児童の数

とくに課題となっているのは都市部であり、全国のデータでは保育施設の定員が利用児童数を上回ってるのですが、地方に余裕があっても首都圏で保育所を探している家族には意味のないデータとなっています。
 
東京都では4月時点で、8,900人分の受け皿が不足している状態であり、保育所の設置に近隣住民が子どもの声を騒音と感じたり、送り迎えの際の道路渋滞を嫌ったりなどの理由により反対されることもめずらしい話ではありません。

 

関連記事:

ピックアップ

「あなたの旦那さん、ご近所の奥さんと…」おしゃべり好きなママ友のとんでも発言に…
かわいい!?困っちゃう!?ずっと覚えておきたい宝物のような3歳児のお喋り集♡
「全然寝てくれない…」苦労して学んだ!やってみてよかった寝かしつけの方法【体験談】
義実家に泊まるのが苦痛…もう我慢しない!私が変えることにした、夫の親戚との付き合い方