国が違えばしつけも違う!友人から聞いたアメリカの子育て事情

国が違えばしつけも違う!友人から聞いたアメリカの子育て事情

アメリカに住む友人と、約10年ぶりに再会をしました。アメリカ人と結婚し、2歳と4歳の子どもを持つママです。お互い子育ての話で盛り上がったのですが、おもしろいのが、国が違えばしつけも違うことです。今回は、友人から聞いたアメリカの子育て事情をお伝えします。

 

アメリカに住む友人と、約10年ぶりに再会をしました。アメリカ人と結婚し、2歳と4歳の子どもを持つママです。お互い子育ての話で盛り上がったのですが、おもしろいのが、国が違えばしつけも違うことです。今回は、友人から聞いたアメリカの子育て事情をお伝えします。

 

しつけは国の文化で違う!

友人が最初に口にしたのが、「しつけの大半は国の文化や家庭の習慣によるもの。しつけすべてが絶対に正しいとも言い切れない」。日本を離れて、そう強く感じたそうです。

 

日本では普通だと思っていることが、アメリカでは非常識だと思われることも多々あるそうです。最初、私は友人の言っていることにピンときませんでしたが、話を聞いているうち納得ができると感じたんです。異国の地で育児をしているママだからこそ語れることですね。

 

日本より公共のマナーに厳しい

たとえば、アメリカでの外食マナーの話です。子どもが騒いでもOKな場所では、ハメをはずしますが、大人の場所で騒ぐのはもってのほかだそうです。日本でも外食のマナーは話題になりますが、アメリカはもっと厳しいようですよ。

 

子どもがレストランに連れて行ってもらうまでには関門があるとか。友人家族はハンバーガーチェーン店を一種の練習場所とし、そこでマナーが守れたら、次にステップアップを試みる予定だと言っていました。

 

関連記事:

ピックアップ

「ストレスがやばい…」恐怖のアポなし訪問!ほとんど知らない親戚が頻繁にわが家に訪れて…
「はぁ勝手すぎない?」夫のずるい言動にもやもやが募り…【ママならぬ日々29】
「今、会いたい!」遠距離の寂しさをぶつけると彼からの連絡が途絶え…
【マクドナルド】新作ホットパイがおいしすぎと話題!あわせて試したい激ウマ裏技3つも♡