息子の「寝言泣き」がヒドイ!保育士に聞いた原因と対処法

息子の「寝言泣き」がヒドイ!保育士に聞いた原因と対処法

現在、息子は6歳。1歳ごろから今現在まで睡眠中に突然起きて泣くことが多いんです。そのうち治まると思い過ごしてきたのですが、いっこうに治まる気配がありません。心配になった私は保育士に相談することにしました。原因と対処法は何だったのでしょうか。

 

現在、息子は6歳。1歳ごろから今現在まで睡眠中に突然起きて泣くことが多いんです。そのうち治まると思い過ごしてきたのですが、いっこうに治まる気配がありません。心配になった私は保育士に相談することにしました。原因と対処法は何だったのでしょうか。

 

夜泣きとは違う!「寝言泣き」

息子の症状を保育士に伝えると、返ってきた言葉が「寝言泣き」でした。初めて聞く言葉でした。夜泣きとどう違うのか尋ねると、夜泣きは「~してもらいたい」という希望が叶うまで治まらない症状のこと。

 

一方で寝言泣きは、言葉のとおり「寝言」を指すそうです。特に言葉を発せられない赤ちゃんは表現方法である「泣く」ことで寝言を表現しているんだとか。6歳の息子の場合、はっきりした言葉で寝言を発することも多いです。

 

寝言泣きの原因って?

大人でも夢を見ながら実際に言葉を発してしまう経験ってありますよね?それと同様なんだそうです。そして注目すべき点が「寝言」や「泣く」などの反射が出やすいのは「ストレスなど興奮しやすい夢」を見ているときに限定されることです。

 

日中にママにひどく叱られたなど、自分にとって興奮状態にある経験が寝言泣きにつながることを知りました。そのことを知って、息子はストレスをためやすいタイプなのかもしれないと感じました。

 

関連記事:

ピックアップ

風邪の原因に!?冬の赤ちゃんの服装でやりがちなNGとは?
「代わってあげなよ!」育児は見て見ぬ振りで自分勝手な夫を激変させたのはまさかの…!?
「もう遊ばない」と言われ傷ついた息子…話を聞くと、原因は息子にあることが判明して…!?【体験談】
走って逃げるママ友に怒りが爆発しそう!「週末までの我慢」と感情を抑え込み… #ママ友の財布 32