今すぐできることも!お金が貯まりやすい人のポイント3

今すぐできることも!お金が貯まりやすい人のポイント3

先週のコラムでは、“お金が貯まらない人がやりがちなこととは?”をテーマにしましたが、今回は逆に、“お金が貯まりやすい人の習慣を取り上げます。

 

先週のコラムでは、“お金が貯まらない人がやりがちなこととは?”をテーマにしましたが、今回は逆に、“お金が貯まりやすい人の習慣を取り上げます。

 

以前の記事「FPが教える!お金のたまりやすい人の習慣とは?」でも、3つの項目をあげましたが、今回はそれ以外について取り上げました。ご自身にも今後取り入れられるかご確認ください。

 

1.ふだんの生活にお金をかけ過ぎない

お金が貯まりやすいご家庭の多くは、ふだんの生活に無駄なお金をあまり使いません。

 

たとえば、スーパーマーケットやドラックストアで売っているものをコンビニエンスストアで買うことは多くありません。ペットボトル飲料やインスタントラーメンなどは価格差が2倍になることもあります。

 

外食の頻度も多すぎることもなく、割安なチェーン店等の頻度を多くして節約するという意識ではなく、家庭ではふだん食べないものを食べたり、記念日においしいものを食べたりと、メリハリをつけて自炊と外食を使い分けます。

 

また、水道や電気の使いっぱなしも少ないです。お金を使わないのではなく、お金を使う場面と使わない場面を意識する人が多いです。

 

2.できることから実践する

お金の貯まりやすいご家庭は貯まりにくいご家庭と比べて、新しい制度や仕組みを取り入れる傾向にあります。

 

近年では、ふるさと納税、電気や都市ガスの自由化、格安スマホなど、得する制度や今までのものを安く使えたりするものが増えています。また、住宅ローンの借り換えや生命保険の見直しなどの固定費の削減を進めたり、クレジットカードをまとめてポイントを集中させたり、定期預金以外の積立をしたりとご自身に合った節約やお得になることを実践している人はお金が貯まりやすいです。

 

手続きや行動が自分に合わないことや理解できないことは無理してしなくてもいいのですが、自分に合うこと継続できることを実践する人はお金が貯まる、ひとつの要因となります。

 

 

関連記事:

ピックアップ

吸う動作の難しさ!焦らず時間をかけることでコツが掴めるようなり…
生後2カ月の次男が熱で入院。面会後、3歳長男の泣き叫ぶ声が聞こえて…
突然ビキィッ!「いでででで!」激痛に襲われ、痛くて動けなくなって…
ついに「ユニクロ」から登場!1990円の「吸水サニタリーショーツ」待望の開封レビュー!