消費者庁も注意喚起。夏に起きやすい子どもの事故に注意

消費者庁も注意喚起。夏に起きやすい子どもの事故に注意

夏は、プールや川遊び、花火、キャンプなど、楽しいレジャーが盛りだくさん。でも、同時に小さな子どもの事故も増えており、消費者庁もウェブサイトなどで注意を喚起しています。夏に起きやすい子どもの事故についてまとめました。

 

夏は、プールや川遊び、花火、キャンプなど、楽しいレジャーが盛りだくさん。でも、同時に小さな子どもの事故も増えており、消費者庁もウェブサイトなどで注意を喚起しています。夏に起きやすい子どもの事故についてまとめました。

 

プールの事故

ビニールプールなら子どもたちだけで遊ばせても安心と思っていませんか? 東京消防庁の調査では、ビニールプールでの事故は0歳〜5歳に多く、最も救急搬送が多いのが3歳児というデータもあります。乳幼児は10センチの水でも溺れることがあるといいます。ビニールプールであっても親が必ず付き添いましょう。

 

川遊びの事故

川で子どもが溺れて亡くなるという事故が、今年もすでに起きています。川に行く前には必ず天候や川の状況をチェック。子どもが川に入るときは必要に応じてライフジャケットを着用し、必ず大人が付き添ってください。

 

川には流れがあり、急な深みや滑りやすいところもあるので、水面が穏やかに見えても注意しなければいけません。また、大人がちょっと目を離した隙に子どもの姿が見えなくなり、川で溺れていたというケースもあるので、河原などで遊んでいるときにも目を離さないようにしましょう。

 

 

関連記事:

ピックアップ

「私のせい?」義祖母を老人ホームに追い出した悪い嫁ですか?【体験談】
「イヤイヤ期じゃない?!」長女のワガママの原因は…#イヤイヤ期だと思っていたら1
「大変だったんだ」理解のなかった夫が激変!?テレビを一緒に見ていたら…
車内で歌を歌う息子。静かにさせるため、ママがゲームを提案してみると?