【夏の子育て】気を付けたいポイントと乗り切り方

【夏の子育て】気を付けたいポイントと乗り切り方

夏の子育てにはいろいろな注意が必要です。とくに心配なのが熱中症。そういった夏ならではのトラブルを防ぐためにも、暑さ対策は必須です。屋外はもちろん、屋内でも、ちょっぴり工夫をプラスすることで快適に過ごせるようになるでしょう。そんなアイデアの数々をご紹介します。

 

夏の子育てにはいろいろな注意が必要です。とくに心配なのが熱中症。そういった夏ならではのトラブルを防ぐためにも、暑さ対策は必須です。屋外はもちろん、屋内でも、ちょっぴり工夫をプラスすることで快適に過ごせるようになるでしょう。そんなアイデアの数々をご紹介します。

 

屋内での過ごし方のポイントとは?

日差しの当たらない屋内では、できれば風通しをよくして自然の風で過ごしたいところ。でも、体温調節がうまくできない赤ちゃんは、室内にもかかわらず熱中症になってしまうことも。

 

こんなときは、エアコンに頼って快適な環境を整えましょう。ただし、エアコンを1日中つけっぱなしでは赤ちゃんは体温調節がしにくくなってしまうので、注意してください。エアコンの冷気は赤ちゃんが過ごす下の方にたまりやすいので、風は上向きに。赤ちゃんに直接当たらないようにしましょう。

 

また、フィルターなどもこまめに掃除して、ほこりやダニに気を付けましょう。それでも肌が蒸れてかぶれた時やあせもができたときには、早めの対処が肝心です。できればこまめにシャワーを浴びるようにしてお肌を清潔に保ち、保湿をしっかりしましょう。そして、早めに小児科や皮膚科を受診することが大切です。

 

屋外での過ごし方のポイントとは?

夏は日差しの強い日中の外出はできるだけ避けたほうがいいですが、そうもいきませんよね。お出かけのとき、抱っこだとママとの密着度が高いため暑く感じますが、地面からの照り返しは軽減できます。まずは、ママも赤ちゃんも薄着をして帽子をかぶったりうちわを持ったり、抱っこひものフードカバーをするなど、必ず日よけ対策をしてください。

 

ベビーカーの場合は、地面からの照り返しに注意。シートの中に専用の保冷シートを入れ、日よけをつけるなど、快適さを保ちましょう。シートの底に断熱シートを貼るのもいいですよ。

 

関連記事:

ピックアップ

実家に帰ればストレスなし!と思いきや!?義母からの執拗なLINEにげんなり… #お義母さんといっしょ 28
「えっ!?奇跡かも!」同棲して1カ月。運命を感じる出来事が!?
超貴重!0歳代の期間限定のしぐさって?新生児〜1歳ちゃんの激かわ♡しぐさ総まとめ
「びえぇぇ」娘よゴメン…でもおなかに穴が開いた状態で抱っこは… #卵巣ボーダーライン 13